「サステニャブル」動画公開!猫好きとして知られる岩井勇気が猫キャラの声に挑戦!

サントリーが、2030年のサントリーグループ目標“リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用し、化石由来原料の新規使用をゼロにする”という「ペットボトルの100%サステナブル化」実現へ向け、使用済みペットボトルを新たなペットボトルに生まれ変わらせる「ボトル to ボトル」水平リサイクルを推進している。また、ペットボトルは資源として何度も循環できることを伝える新ロゴマーク『ボトルは資源!サステナブルボトルへ』を国内ペットボトル全商品※に順次展開するなど、分別啓発活動にも注力している。 ※ラベルレス商品を除く

2022年6月9日(木)のリサイクルの日を迎えるにあたり、「さあ、サステナブル。」ボトルは資源!プロジェクトを始動し、その第一弾として、身近なサステナブルを啓発する猫のゆるキャラ「サステニャ」が登場するWEB動画シリーズ「それだって、サステニャブル。」を本日より、順次公開する。

「サステニャ」役には、芸能界随一の猫好きとしても知られる、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気を起用。WEB動画シリーズ一作目となる「飲みきる」篇では、ペットボトルの飲料を飲みきる「サステニャ」に対し、実は飲み残しがあると次のボトルを生む資源にしづらいという意外な事実がゆるい世界観の中で伝えられている。「サステニャ」が、普段何気なくやっているサステナブルなことへの気づきを通じ、「ペットボトルの飲料を飲みきることもサステナブル」であることを伝えていく、「サステニャ」がゆるく活躍するWEB動画シリーズに期待したい。

<岩井勇気インタビュー>

――猫のキャラクター「サステニャ」の役を務めると聞いたときのお気持ちをお聞かせください。
アニメが好きで、声優さんとお仕事する機会も多いので、アフレコをすることのすごさは知っていました。
それだけに緊張はしていましたね。ただ、「サステニャ」のゆるい空気感を見たときに、「これは俺のためにつくられたキャラクターだ」、「俺がやるしかない」と、何か運命的なものを感じましたね。

――どのような気持ちで収録に臨まれましたか?
実は車を運転しながら、想定した役になりきってセリフをしゃべって、練習していました。練習通りに収録に挑んだら、一発目で監督から「その感じです」と言われたので、「やっぱり俺のためのキャラクターだ。分身だ。」と感じました(笑)。

――実際に演じてみていかがでしたか。
「サステニャ」が、気だるい雰囲気ながらも、かわいらしさがあるキャラクターなので、愛着が湧きましたね。だらだらしているだけでなく、とても愛嬌があるキャラクターだなぁ。と思いながら演じさせていただきました。

――収録で苦労した点はありましたか?
「ニャにが?」というセリフですね。何度か頑張ってはみたものの「もっとかわいらしさを出してください」と指示されて、普段のそっけなさが出てしまったのか、難しかったです。逆に言えば、「サステニャ」の話し方はかわいいので、「サステニャ」の話し方を吸収して、普段の会話にも使っていきたいと思います(笑)。この愛嬌を学ばないといけないなぁと思いました。

――岩井さんご自身の「サステナブルだな」と思うエピソードを教えてください。
これから夏になって暑くなってきますけど、僕は普段、寝るときはクーラーをつけずに寝るんです。しっかり布団を被って寝て、朝起きたら汗をかいてるのが好きなんです。すっきりして気持ちがいいんですよ。汗をかいたらお水を飲んで、しっかり飲みきりますよ。自分なりのサステナブルです。

――動画をご覧になる皆さんにメッセージをお願いします。
アフレコしている人がこんなこと言うのはおかしいと思うんですが、今回はキャラクターに完全に僕が乗り移っていると思います(笑)。そんな、「サステニャ」をぜひ見て頂きたいし、長く愛されたいですね。「サステニャ」くらい、良い意味でゆるい意識で、日常的にサステナブルを意識してみるのも良いし、このWEB動画で紹介しているくらいの行動から始めてみてもいいんじゃないかと思います。「サステナブル」はずっと続けていかないといけないことなので。猫好きとしても、「サステニャ」の動画シリーズは、“地球が存続する限り”続いてほしいですね(笑)。

■動画シリーズ概要
・タイトル:「飲みきる篇」(以降、順次公開)

・声:岩井勇気(ハライチ)