「オモウマい店」は!なんでも鉄板山盛り食堂!肉汁の滝ハンバーグ

(C)CTV

日本全国には私たちの想像をはるかに超える“びっくりなお店”がたくさん!
まだ見ぬ『オモウマい店』を求め、スタッフが日本中を大捜査!
気になる店を発見したら飛び込みで交渉!
粘りに粘るリサーチと取材スタイル!
“グルメ馬鹿”なスタッフが日本全国を駆けまわり、オモウマい店を発掘!
お客様へのスゴすぎて笑えるサービスはいつしか尊敬に変わり明日を生きる勇気と元気がもらえます!

【第51回でご紹介するオモウマい店】

オモウマい店① なんでも鉄板山盛り食堂
■滋賀県 彦根市

(C)CTV

60代の店主がご夫婦で営む定食屋さん。ボリュームが自慢のお店で、“ガラパゴス定食(大)1,400円”は、鶏もも肉を使ったチキンカツが15個と、牛肉&豚肉のハンバーグ約200グラム、さらにナポリタンが付く。その量の多さに、「マジで」「ヤバっ」という声がお客さんから思わず漏れてしまうほど。
他にも、鶏ももの塩焼きに豚の生姜焼きがセットになった“ピラニア定食(大)1,150円、”豚生姜焼きとメンチカツがのせられた“ナマズ定食1,200円”など、一風変わったネーミングのメニューが揃う。
「今週4回目、年100回くらい来てる」と話す常連客は、車で片道30分かけてお店に通う。他にも特撮ヒーローの服装をしたお客さんらがバイクに乗って次々と訪れることもあり、店は常に賑わっている。
この店は、メインディッシュがアツアツの鉄板で提供されるのが特徴。以前はプラスチックのプレートを使っていたが、「鉄板に入っている方が美味しそうに見える」という理由で、なんでも鉄板で提供するのだそう。他にもこだわりが強く、生姜焼きのタレ、ドレッシング、調味料などはすべて自家製。
昼休憩になると、アルバイト従業員とともに“ある撮影”に全力を注ぐ店主。それはいったい?

オモウマい店② 安くしすぎてウーバーイーツ店主
■神奈川県横浜市 「食楽 たざわこ」

(C)CTV

新鮮な魚料理を中心とした居酒屋スタイルで、ランチタイムには国産の高級食材を使った“真鯛のかぶと煮”や“ぶりの刺身”を破格の税込385円で提供している、横浜市の「食楽たざわこ」。過去3回にわたり番組で紹介し、料理が破格すぎて赤字のため、家賃と人件費を稼ごうと店主自身がウーバーイーツで働く姿が反響を呼んだ。
その後、多くのお客さんが店を訪れるようになり、その忙しさからついに店主はウーバーイーツを卒業!今回の放送では、店主が新たな挑戦としてキッチンカーを購入。
目的は、店を閉めることになった近所のパン屋さんのためだったが、購入後にある驚愕の出来事が発覚…!

※内容は変更になる可能性がありますので、ご了承下さい。

「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」
日本テレビ系 5月17日(火) 19:00~19:54

 <番組出演>
MC:ヒロミ
進行:小峠英二
ゲスト:中山優馬、丸山桂里奈、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)

(C)CTV