柳楽優弥「カッコいいキャラクターを演じられて嬉しい」

リーズナブルな価格の住宅を提供するタクトホームが、初のタレントを起用したCMとして、俳優の柳楽優弥が出演する新TVCM『家も街も、好きになる。』篇を4月29日(金)から全国でオンエアする。

新CMの公開に先駆けて、4月28日(木)11時より渋谷ストリームホールにて「タクトホーム 新CM発表会」を開催し、柳楽優弥、小寺一裕が登壇した。会の冒頭では、タクトホーム株式会社の代表取締役社長小寺一裕が登壇し、「魅⼒的な暮らしを叶えるグラファーレブランドを核に、今後はさらに『マイホームを⼿に⼊れることができた喜び』と、『やすらぎの住まいに永く暮らせるしあわせ』をより多くのお客さまに実感していただきたく、住宅のひとつひとつに想いを込めたサービスの充実を図っていきたい」と今後の意気込みを語った。

その後、会場には新CMキャラクターである柳楽優弥が、CM撮影時と同じく、茶色い革ジャケットにジーンズといったストリートミュージシャンらしい装いで登場。「同級生の中でも結婚する人や、マイホームをもつ人が増えているタイミングで、タクトホームのCMに出演できることをとても光栄に思う」と今回のオファーに喜びを見せた。また、CM内でストリートミュージシャンの青年役を演じたことについては、「高校時代に友人とバンドを組んでギターを演奏したことがあり、とても懐かしい気持ちになった」と過去を懐かしむ場面も。

完成したCMを上映すると「趣味の一つとして自宅でギターを弾くこともあるが、今回“かっこいい”キャラクターとして演じることができて嬉しかった!」と私生活の話を交えて喜びを伝えた。今回のステージセットは、柳楽のアイデアを取り⼊れたお部屋であることから、こだわりや感想を聞かれると「白を基調とした爽やかなお部屋を意識しました。自分の居心地の良い空間を考えるのは楽しいですね。ぜひ今回のお部屋も皆様の参考にしていただきたいです!」と笑顔を見せた。

会の最後に柳楽は、「タクトホームさんは、厳選された基本プランをベースに、お客様のライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのが魅⼒です。また、CMでは僕のキャラクターを通して、是非、タクトホームを知っていただければと思っています」と会場にメッセージを投げかけてイベントを締めくくった。