ダチョウ倶楽部が温泉俳優・原田龍二を「すぐ脱ぐんじゃない!」と叱る

インターネットサービスプロバイダのBIGLOBEが12日、都内で、みんなで選ぶ第11回 「温泉大賞」の結果発表と授賞式を開催し、温泉大賞スペシャルサポーターで温泉俳優の原田龍二と、元祖お風呂芸人のダチョウ倶楽部、「一緒に温泉に行きたい芸能人」に選ばれた経験を持つ壇蜜が登場し温泉に関するトークなど行った。

トークショーで男性にどんな風に温泉リードしてもらいたいか聞かれ壇蜜は「ちゃんとエスコトーしていただくのが嬉しい、『ここが良いんだよ、僕前に行ったことあるんだよ』って言われると安心して行ける気がします。あと、混浴も辞さない気持ちですので、別々に入るよりも一緒に入って楽しいね!の方が気持ち的にはもてなしてくれてるんだな、一緒にいて嬉しいと思ってくれてるんだなと思うし、なんなら帰りは宿代払いますよって勢いで楽しみたいなぁ~」と明かした。

そんな壇蜜におすすめの温泉を聞かれた原田は、熊本の満願寺温泉をあげ「川湯になっていまして、入ると目の前に住宅地がある、で、車が走ってたり、人が歩いてたり丸見えなんです。よそ者が入るにはちょっと勇気がいる」という、さらに「(温泉に)入っていると僕だけが裸で入っているので開放された気分になる」という、壇蜜は「ドキドキしますね、なんかプレイの一環みたい」と興味津々に笑顔でこたえていた。

ならば、万願寺温泉に入る為の練習をしようということで、壇上にはお風呂のセットが用意された、すると「ちょっと待った」とダチョウ倶楽部の3人が登場。「原田ぁ~!すぐ脱ぐんじゃないよ、仕事がなくなっちゃうだろ、営業妨害だぞ」とカンカン。なんだかんだ文句を言い、壇蜜とお風呂に入る練習の権利を得たダチョウ倶楽部の上島竜平。先に湯舟につかり壇蜜を待っていると「妄想してろ」と目隠しをされ、壇蜜の代わりに原田が入浴、楽しそうに、湯をかけ合い抱き合う2人。しかし、目隠しを取った上島から「うぉ~なんだお前!おかしいと思った、足が毛深いと思ったんだよ、お前いい加減にしろよ」と喧嘩になったが最後はお決まりの“チュー”で仲直りした。

なお、第11回「温泉大賞」に選ばれたのは、大分の別府温泉郷と群馬の草津温泉。旅館、ホテル部門では大分の杉乃井ホテルと栃木の鬼怒川温泉あさや。また外国人におすすめの旅館、ホテルとして鹿児島の指宿白水館が選ばれた。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る