のん 地球温暖化ストップ!どんどん『COOL CHOICE』していきたい

東京都江東区の日本科学未来館で9日、「Non温暖化!こども壁新聞コンクール」表彰式が開催され、Non温暖化!省エネ家電推進大使で女優ののんが出席した。

プレイベントでは気象予報士の藤森涼子が登壇し、「2100年未来の天気予報」を中心にのんと、当日会場に訪れた子供たちと一緒に地球温暖化について考えるイベントを開催、2100年夏の天気予報では、最高気温が埼玉県の熊谷で45.2度、東京練馬でも43.6度と記録的な暑さと、1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降るなど異常だらけ。また台風も最大瞬間風速90メートルで竜巻のような風をふかせ、西日本から東日本のどこかに上陸し、これまでに経験したことのないような大雨、暴風、高波、高潮が発生する恐れがあるとされた。これを聞いてのんは「すごく怖いですよね、こんなに変わっちゃうんだと思って」と感想を述べ、昨年の西日本豪雨災害の被災地である岡山県倉敷に表敬表問した際「地面が盛り上がったりしてて被害が大きかったですね」と振り返った。

また、地球温暖化対策として、何をしているか聞かれ「私結構やってますね、エコバックも持って買い物に行きますし、テレビとか電気もこまめに消してます。夏とかはギリギリまでエアコンをつけないようにして、温度の調節とか頑張ってしてます」と明かし、「昨年『COOL CHOICE』のお仕事をいただいてからいろいろ知ったので冷蔵庫を省エネのもにしたり、LED電球に変えたりした」ともコメントした。

この「Non温暖化!こども壁新聞コンクール」とは、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」で、省エネ家電への買換促進(COOL CHOICE 5つ星家電 買換えキャンペーン)の一環として、小学生を対象に、地球温暖化の現状や家庭の冷蔵庫の消費電力などを調べて作られた「壁新聞」を募集したもの。応募があった69作品のうち、本日の表彰式にて、最優秀賞1作品、優秀賞5作品、佳作10作品の発表と表彰を行った。

最優秀賞には、長崎県佐世保市立祇園小学校6年生の黒田美也さんの作品「鬼暑防止Non温暖化新聞」が選ばれた。のんから「みなさん、本当に素晴らしくって、こうやって温暖化について考えてくださったんだなぁと思ってすごく感動しました」と述べ、小学1年生の作品について「すごくビックリしました、“地球を救う大作戦”を考えたってところがすごく好きで、私も地球を救えるかもしれないと思って、すごくうれしい気持ちで取り組めると思いました」と感心した。最後に「こういうふうに、皆さんに壁新聞を作っていただいて、すごく嬉しいです。小学生の皆さんに、こうして壁新聞を募集しなくてもよいよう、わたしたち大人がしっかりしていかなければいけないなと思いました。これから私もどんどん『COOL CHOICE』していきたいなと思います」と決意を新たにした。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る