金曜8時のドラマ「嫌われ監察官 音無一六」ついに待望の連続ドラマ化!

Ⓒテレビ東京

テレビ東京で、毎週金曜夜8時から放送している「金曜8時のドラマ」。4月クールの作品が『嫌われ監察官 音無一六』 に決定しました!2013年に第一弾が放送され、全6回のスペシャル放送を経て、金曜8時のドラマ枠で待望の連続ドラマ化。どんなに嫌われようとも監察官としての自分の信念と正義を貫く、あの”音無一六”が帰ってきます!
『警察の中の警察』の異名を持つ“監察官”。それは、警察官の職務及び、私生活に不正が無いかを調べる役職であり、警察官たちから、忌み嫌われる仕事。

監察官でありながら捜査にも介入し、鋭い”観察眼“と“閃き”で、これまで難解な事件を解決へと導いてきたのが小日向文世演じる“音無一六”です。捜査現場を荒らされ怒り狂う刑事たちの猛抗議にもひるむことなく、己の正義を貫き、我が道を突き進みます。
そんな一六の実の弟で、何故かいつも事件捜査に首を突っ込むタクシードライバーの“万丈二六”を演じるのは遠藤憲一。陽気で人情味にあふれる二六は、几帳面な一六とは顔も性格も全然似ておらず、ソリの合わない兄弟です。
しかし、そんな2人のやりとりはどこか微笑ましさが感じられます。

さらに、脇を固めるキャストにはお馴染みのメンバーが再集結!一六の上司で警務部長である千住遼子役に田中美佐子、元署長で今は居酒屋「みつる」の店主・二宮満役に小野武彦、一六の相棒で巡査部長の溝呂木三花役に堀内敬子が続投します。そして、脚本は「科捜研の女」、「相棒」シリーズで知られる戸田山雅司が手掛けます。
警察官たちから嫌われながらも、自分の正義と職務を全うし、四面楚歌で監察を遂行する一六。
鋭い”観察眼“と”閃き“で今回も数々の難事件に挑んでいきます!連続ドラマだからこそ描ける新たな一六の活躍にに期待!

<キャストコメント>

▼小日向文世(警視庁人事一課 監察官・音無一六役)
正直な気持ちまさか連ドラになるとは思ってもいませんでした。スペシャルでもそうだったのですが、一六の役は結構セリフとの闘いです。連ドラ決定の嬉しさもありつつハードな撮影の日々がこれから続くだろうなと覚悟しています。
気分はチャレンジかなと…。
この歳になって、この作品を連ドラとしてやり通す事が出来たら、この先もう少し頑張れるかなって感じです。
共演する遠藤さんとは、全然似ても似つかない兄弟役としてお互い楽しんで演じられたらと思っています。2人のシーンはホッとする温かい時間にしたいですね。体調に気を付けつつ、あとは現場の撮影がスムーズに進むように、セリフは日々予習を怠らず頑張ります。
このドラマは警察を監察するという設定です。なので今までにない新しい刑事ドラマになると思います。
是非、楽しみに待っていてください。

▼遠藤憲一(個人タクシーの運転手で一六の実の弟・万丈二六役)
私は若い時から刑事ドラマの犯人役や刑事役を何度も演じてきました。
今回の『嫌われ監察官 音無一六』は、刑事ドラマです。しかし私にオファーされた役は刑事でもなく、犯人でもなく、タクシー運転手。しかも、似ても似つかぬ、小日向文世さんと血の繋がった弟役という、あまりにも斬新な設定に喜んで飛びつき、出演させて頂くことになりました。
小日向文世さんをはじめ、田中美佐子さん、堀内敬子さん、小野武彦さん、皆さん、とても心の温かい芝居をされる稀有な俳優さん達です。そんなキャストの皆さん、そしてスタッフの皆さんと力をあわせ、ハラハラ、ドキドキ、そして最後は心温まる作品になるよう、頑張ります。

▼堀内敬子(警視庁 捜査一課 巡査部長・溝呂木三花役)
連続ドラマ化決定という事で、素直に嬉しく思います。私は途中からの参加でしたが、とても歴史のある作品ですので、連ドラになるのは嬉しく思います。私の役柄は溝呂木三花(こおろぎみか)、小日向さんは一六、遠藤さんは二六、私は三花、みんな漢数字がついております。製作陣の愛情も感じられる名前で、とても好きです。尊敬する小日向さんのそばにいられる事も嬉しいです。
日々の状況で、感染対策など気を付ける事は沢山あります。前回も、お昼ご飯は離れて食べておりましたので、淋しい思いをしておりました。でも皆様に楽しんで頂けるように、最後まで撮りきれるように頑張ります。
中々、外に出られずに、お家時間が大切になりました。少しでも皆様に楽しんで頂けるように、頑張りますので、お楽しみにしてください。

▼小野武彦(居酒屋「みつる」の主人で元警察署長・二宮満)
シリーズが連続ドラマになると、1年から2年の間隔で撮影していた時とは違い、少なくても3カ月位はチームと時間が共有出来るので、どんな化学反応が起きるか楽しみです。
私の居酒屋は事件の緊張感から解放される空間なのかな、と思ったりするので「二宮」の役もそんな存在でありたいです。出演者も途中から加わった方々や懐かしい方と盛り沢山です。お楽しみに!

▼田中美佐子(警視庁 警務部部長・千住遼子役)
みんなの思いが叶ったという感じです。いつも一年に一度の割合でスタッフ、出演者のみんなと会い、そのたびにいつか、いつか連続になったらいいのにね。と話していました。決まったと聞いたときに、みんなが喜んでいる顔が思い浮かびました。とりあえず、またみなさんにお会いできることがうれしいです。コロナ禍で会ってもハグしあうことも喜びを分かち合うことも、ギャーギャー騒ぐこともできないですが、その分撮影を頑張ろうと思いました。
愛溢れるスタッフがこの番組を作ってくださり、お話としては、事件が絡むハラハラするミステリーもありますが、ほのぼのとした家族愛、兄弟愛、師弟愛などなど、、、たくさんの愛が詰まったお話となっています。ぜひぜひご覧ください。

▼祖父江里奈(テレビ東京プロデューサー)
全6回のスペシャルを経てようやく連ドラ化というのはテレビドラマの歴史の中でもかなり異例のことかと思います。それゆえ、現場のスタッフ、出演者の皆さんの「音無一六」への愛情の深さは並大抵ではありません!ほぼ同じメンバーが再集合し、とても嬉しそうに制作準備をしています。
監察官という仕事は多くの視聴者にとって馴染みが薄く「なんだか真面目でお堅い感じ」と思うかもしれません。しかしそんなテーマだからこそ逆に見えてくる、人間味あふれるシーンの数々がこのドラマの見どころです。不正の現場で垣間見える、人間の醜さや哀しみ、大切なものを守ろうとする愛情。うっかり悪に手を染めてしまうことは誰にでもありえるのです。
そしてそれらに対し、断固として公平であろうとする音無一六の冷徹なまでの活躍ぶりにご期待ください。

<イントロダクション>
『警察の中の警察』という異名を持つ”監察官”。警察内部のあらゆる不正を取り締まることが職務であり、警察官たちから最も忌み嫌われている役職。その中で、警察官のみならず、事件捜査も監察の対象にする一人の監察官が…。その人物こそ、”嫌われ監察官“こと音無一六(小日向文世)である。
警視庁警務部部長の千住遼子(田中美佐子)の指示のもと、自分の正義を貫き、どんなに嫌われようが職務を全うする音無一六が、鋭い“観察眼”と”閃き”で、数々の難事件に挑んで行く。

番組概要
【番組名】金曜8時のドラマ「嫌われ監察官 音無一六」
【放送時期】2022年4月クール(毎週金曜よる8時)
【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
【主演】小日向文世
【出演】遠藤憲一、堀内敬子、小野武彦、田中美佐子
【製作】テレビ東京/スパークル
【公式H P】 https://www.tv-tokyo.co.jp/otonashi/
【公式Twitter】 @tx_kin8
Ⓒテレビ東京