「King&Princeる。」1月16日から毎週日曜レギュラー番組の放送が決定!

(C)NTV

「シンデレラガール」でのデビューからちょうど3年を迎えた2021年5月23日に第1弾が放送され大好評だったKing&Princeの初冠番組「King&Princeる。」が来年(2022年)1月16日から毎週日曜14時15分のレギュラー番組としてスタートすることが決定した(関東ローカル)。

この番組は、まだまだバラエティー勉強中のKing&Princeに、番組から様々なお題を出題し、芸能界の大先輩&超人気お笑い芸人たちが一番ベストな行動やリアクションを大喜利で回答。その大喜利回答をその場で実践してもらうKing&Prince初の冠バラエティーだ。

【King&Prince×大喜利×生検証】

King&Princeは一体、何をやらされるのか? 
そして、King&Princeの身に何が起こるのか…?
スタッフさえも結末が予想できない…“ムチャぶり生検証番組”となる。

2022年1月1日(土)23時00分から元日SPの放送が決定。
この元日SPでは、生放送スペシャル企画もお届けする。2022年初日からKing&Princeは全力疾走!家族で笑えるフレッシュな初笑いをお届けする。

元日SPのお題は…
◆【視聴者の記憶に残る 斬新な登場方法とは!?】
◆【新宿アルタのビジョンでゲリラ番宣!Twitter トレンド1位獲れるか!?】
そして!番組エンディングには、視聴者参加型のある仕掛けが。

元日の夜、King&Princeの身に一体何が起こるのか…!? 注目だ。

<メンバーコメント>

◆初冠番組のレギュラー放送決定を聞いた時の気持ちは?

<平野紫耀>
驚きました!これまでKing&Princeで活動してきましたが、バラエティーのレギュラー番組はなかったので、メンバーみんなで仕事しているところを見たいと言ってくださっているファンの方たちにお届けできる喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。

<永瀬廉>
僕自身もグループとしてバラエティーに挑戦したい気持ちがあったので、とても光栄でした。今回、“ムチャぶり生検証番組”という事で、いろんな表情のKing&Princeが見られると思うので、今後も楽しみにしていただけたらなと思います。

<髙橋海人>
バラエティー番組にメンバー同士で集まってお仕事できるのが、とても嬉しいです。ムチャぶりもありますけど、試練だと思って、一回一回を大事にし、いろんなことにみんなでチャレンジして、頑張りたいなと思います。

<岸優太>
グループ初の冠番組をレギュラーで皆さんにお届けできるようになったのは、前回特番をやらせていただいた時にファンの皆さんが、僕たちを応援してくれたからこそです。レギュラーをやらせていただくからには、メンバーそれぞれの良いところを知ってほしいですし、感謝の気持ちをもって、精一杯頑張ります!

<神宮寺勇太>
たくさんのファンの方々から「King&Princeのみんながテレビに出ている姿を見たい」という声をたくさんいただいて、そのおかげでレギュラー放送が実現できたんだなと改めて実感し、感謝しています。ムチャぶりにも全力で立ち向かって、2022年一皮むけたKing&Princeを皆さんに楽しんでいただけたらと思っています。

◆今後どんな番組にしていきたいですか?

<平野>
芸能界の先輩たちと僕たちKing&Princeで、ひとりでも多くの方を笑顔にできたらいいなと思いながら、頑張っていきたいなと思います。

<永瀬>
見てくださる方たちと、自分たち、そして芸能界の先輩たちと一緒に楽しみながら、そして初の冠番組のレギュラー放送となるので、自分たちの成長のきっかけになればいいなと思いました。

<髙橋>
音楽活動やお芝居のお仕事など、いろんなジャンルでお仕事をやらせていただいていますが、この番組をみたらKing&Prince本来のワチャワチャした姿が見られるよねという、ホーム感のようなものを感じてもらえるような、そんな番組にしていきたいです。

<岸>
僕らは本当に台本無しで、ありのままでやっているので、収録ではありますが、生放送のような感覚で、その場で生まれるテンションやムチャぶりを楽しんでいただきたいです。

<神宮寺>
僕たち、King&Princeと言ったらこの番組だ!と、みなさんに愛していただけるような番組にしていけたらいいなと思います。

<番組概要>
◆番組タイトル :「King&Princeる。」 (※読み:きんぷる)
◆放送日時 : 2022年 1月16日スタート!
毎週日曜14:15~14:45放送 <関東ローカル>
元日SPは、2022年1月1日(土)23時00分~24時25分放送 <全国ネット> ◆出演者 : King&Prince(平野 紫耀、永瀬 廉、髙橋 海人、岸 優太、神宮寺 勇太) 劇団ひとり ほか (C)NTV