映画『軍艦少年』完成披露イベント、佐藤寛太は軍艦島の圧倒的静けさに感動!

23日、映画『軍艦少年』の完成披露試写会イベントが都内のアキバシアターで行われ、主演・海星役を務めた劇団EXILEのメンバー佐藤寛太、主人公の父・坂本玄海役・加藤雅也、海星の同級生・結役の山口まゆ、海星の友人・純役の濱田龍臣、玄海の幼馴染・野母崎巌役・赤井英和、海星の母で玄海の妻・坂本小百合役の大塚寧々、Yuki Saito監督が登壇した。

佐藤はこの作品のオファーを受けた感想を「柳内大樹さんの作品とお聞きし、ギャングキングとかセブン☆スターとかを昔から読んでてファンだったので、作風が想像できた。原作を読んでみて柳内さんは男同士の友情とか、仲間を大事にした作品を多く描かれてるんですけど、そこに家族の物語が入ってきて原作を読んだ時の衝撃がすごくて・・この作品を自分が主人公で演じさせていただけるというのが嬉しかった」とコメント。

【このイベントの写真】https://jtame.jp/ph/68247/

さらに作品を撮り終えたときの感想を聞かれ、「終わった感じが僕はあんまりしなかったんですけど龍臣が泣いてて・・それを見て『あ~終わったんだ』」と実感がわいてきたと振り返った。因みにその時濱田(龍臣)は号泣だったそうだ。

撮影秘話として、母役を演じた大塚は“雨降らし”のシーンを振り返り、「佐藤君が一生懸命スニーカーを水で濡らしてるんですけど、そこは画には映ってない所で(笑)、それを見たときになんて純粋で素敵な人なんだろうと思い、その感じが(役の)海星そのものでした」と明かした、佐藤は「恥ずかしい」を連発し照れていた。

また、佐藤は実際に軍艦島に上陸した感想を「龍臣とワイワイワクワクしながら船で行ったんですけど、実際上がってみると一言もしゃべんない!というか、圧倒されて・・ランドセル落ちてたり、洗濯機が置いてあったり「人居たじゃん」って!生活してたって痕跡があるのに圧倒的静けさで、でも空見たらトンビが飛んでて、言葉では現わせないんですけど感動しました。この経験も映像も大事にしたい」と熱く語っていた。

映画『軍艦少年』は、12月10日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開!