移動式映画館「シネマバード」が葛西臨海公園で野外上映!一青窈や永野も登場!

移動式映画館「cinéma bird(シネマバード)」が、11月20日(土)に東京都江戸川区にて「cinéma bird in 葛西臨海公園」を開催した。シネマバードは、俳優 齊藤工の発案のもと劇場体験の少ない子供たちや劇場のない地域の方々に、「同じ空間で感動を共有する」劇場体験を届けることを目的に、2014年より始動したプロジェクト。過去には、宮城県石巻市、福島県広野市、大分県豊後大野市、福島県南相馬市、熊本県山鹿市、沖縄県うるま市、北海道むかわ町、東京都江戸川区、富山県南砺市で開催をしてきた。

第10弾となる今回のcinéma birdは、東京都江戸川区にある葛西臨海公園内の汐風の広場にて開催。完全招待制とし、医療従事者と児童養護施設の子供ら1,600名が来場した。ソーシャルディスタンスに配慮し、芝生に描かれた直径2.5mの円が今回の客席に。家族や友人同士で来場した参加者は、その円の中で爽やかな海風を感じながらイベントを楽しんだ。また、医療従事者への感謝を込めて、客席を囲むような形でブルーのランタン150個を設置。ランタンには願い事を書けるようになっており、それぞれの想いを描いていた。

今回の開催にあたり発起人である齊藤工は「cinéma birdを始めてからもう7年目になるが、コロナで今後開催ができるか不安だった。江戸川区さんや様々な方のおかげでこうやって開催できて嬉しい」と、今回のイベントへの想いを語った。また、江戸川区長の斉藤猛氏も登壇し「コロナでずっとイベントができなかったが、やはりこうして顔を合わせられるライブって素晴らしい。このイベントができるのも本日参加いただいた皆様のおかげです。ありがとうございます」と医療従事者の方々に感謝の想いを伝えた。

■移動映画館「cinéma bird(シネマバード)」とは
小さな島々を含め日本中から映画館が減っています。震災などによって映画館がなくなってしまった地域もあります。劇場体験をしないまま大人になっていく子供達。劇場で映画を見ることがなくなってしまった大人達。cinéma bird は、そんな地域の人たちに同じ空間で感動を共有する大切さを伝えるために「映画+ライブ」というフェスティバルのような体験を鳥のように自由に届けるプロジェクトです。また 2020年10月、コロナ禍において何よりも安全な方法で、地域の人すべてをエンターテイメントで幸せにすることは何かを考え、開催地東京都江戸川区の医療従事者とそのご家族を対象とした完全招待制で、初の「ドライブインシアター」を開催しました。
公式サイト:http://cinemabird.com/