#みんなの真犯人フラグ<第7回投票>二宮瑞穂(芳根京子)が3度目の1位を獲得!

(C)NTV

現在第5話まで放送され、考察もますます盛り上がっている日曜ドラマ「真犯人フラグ」。Twitter投票企画「#みんなの真犯人フラグ」第7回の結果が、この度公開された。

今回の投票では、凌介(西島秀俊)の部下で協力者の二宮瑞穂(芳根京子)が、第3回以来の1位に返り咲いた。瑞穂が1位を獲得したのはこれで3度目となり、候補者の中で最多となっている。第5話で凌介が道路に突き飛ばされた時に「助けに現れたがタイミングが良すぎる」といった意見や、やはり一番身近にいる人が犯人という説が根強く支持されているようだ。
真帆と同じ傘を持っており、ドラレコ映像に映っていた可能性が高まる怪しいご近所さん・菱田朋子(桜井ユキ)は、順位を1つ落として2位、失踪した娘の彼氏・橘一星(佐野勇斗)は前回に引き続き3位となった。
明後日放送の第6話では、疑惑が深まる朋子を極秘調査する瑞穂と一星。果たして、怪しい動きをするのは誰なのか…?

第8回目の投票は、第6話放送後の11/21(日)23:25~12/3(金)10:00の投稿が集計対象となる。

■第6話 ストーリー

凌介(西島秀俊)は、「至上の時」で瑞穂(芳根京子)、一星(佐野勇斗)、河村(田中哲司)、日野(迫田孝也)と会う。傘の件を聞いた一同は朋子(桜井ユキ)が真犯人の可能性があると言うが…。瑞穂と一星は、それぞれ朋子の周辺を探ることに。瑞穂は、事件当日の動向を探るため、朋子が勤める整体院に客として潜入する計画を立てる。一方、帰宅した凌介は、自宅の鍵を失くしたことに気付く。しかし、ダメ元でドアノブを回すと、なぜか鍵が開いており、家の中には、誰かいるようで──!? ぷろびん(柄本時生)は、凌介を直撃して一星に追い返された時の映像をもとに、今度は一星をターゲットにした動画を公開し、黒幕ではないかと煽る。炎上を意に介さないプロキシマの社員たちに対し、一星は「ちゃんと説明して事態を収拾する」と生配信に臨む。自分のせいで周囲にも迷惑をかけ、落ち込む凌介。追い打ちをかけるように、林(深水元基)から新居建築の中止を告げられる。そんな中、凌介を影から見ていた謎の男(前野朋哉)が近付いてきて…?
凌介の元に届いた妻・真帆(宮沢りえ)が生きている証しと、驚愕のメールとは──?

■番組概要■
■タイトル:真犯人フラグ
■放送枠:10月10日(日)スタート 毎週日曜よる10時半~11時25分放送
(C)NTV