プロゲーマー・ジョビンが吉本芸人をフルボッコ!

吉本興業は7日都内でeスポーツ事業概要発表記者会見を行った。

事業の名称は『よしもとゲーミング』とし、プロゲーマーのマネジメントやイベントの開催、
世界大会で戦うeスポーツのチームの支援、運営などを行う。
 よしもとクリエイティブ・エージェンシー スポーツ事業センター長の星久幸氏は、「eスポーツ自体が世界市場に成長し、そこにエンターテインメントの会社として参入することはごく自然な流れだと思います。芸人さんの芸事以外の才能を伸ばして活躍の場を作ることも事業です」と語った。
 会見には司会を務める田村淳(ロンドンブーツ1号2号)をはじめゲーム好き芸人として井上聡(次長課長)、藤田憲右(トータルテンボス)、池田一真(しずる)、菅良太郎(パンサー)が登場。よしもと所属のプロゲーマー1号となるジョビン、西澤祐太朗(裏切りマンキーコング)、小池龍馬も登壇し、格闘ゲーム「ストリートファイターⅤアーケードエディション」で対決した。プロゲーマー ジョビンは芸人4人を相手し撃破、腕前を見せつけた。

またプロゲーマー3人に報道陣から給与体系の質問が飛ぶと、ジョビンは「給与もらってますよ。あとは海外渡航費も出ます」と答えそれを聞いた藤田は「何もしなくても給料もらってるの!」と絶句。続いてプロゲーマー3人からの「家でゲームしてるだけです」とのコメントには芸人チームはガックリしていた。(アミーゴ・タケ)