片寄涼太、作家と呼ばれることに「実感がない、なんか“むず痒い”(笑)」

GENERATIONSのボーカル片寄涼太が、作詞家の小竹正人と互いに宛てた書簡集『ラウンドトリップ 往復書簡』を10月29日、新潮社から刊行し、同日囲み取材に応じた。

片寄は、囲み取材の前に、GENERATIONSメンバーにグループLINEで発売の報告をしたところ、もう一人のボーカル数原龍友から「まだモテる気かよ!」と一言返事が返って来たと取材陣を笑わせた。

また、次作の意気込みを聞かれ、「次作!」と失笑しながら「発売されてすごく嬉しかったのと、書くこと自体も嫌いじゃないんだと気づかされた・・フィクションなのかノンフィクションなのか、わからない様な小説とかに挑戦できたら楽しそうだな・・後は『往復書簡』じゃなくて小説を書く方と『往復小説』が出来ても面白そうだなと妄想だけしております」と笑顔で答えた。

著書を出したということで「作家」と呼ばれることに関して「いやぁ~まったく実感がないんです(笑)、連載を始めたときは本になってくれたら嬉しいなと思っていましたけど・・なんか“むず痒い”感じが・・」と謙遜していた。

さらに、書くことが好きだということで行く行くは“賞”獲ったりすることがあるかもしれないと言われ「いやいや!(笑)、やめてください、そんな・・ここでそんな話されたらハードル上がっちゃうだけなんで」と笑い飛ばしたが「でも、何か続けて行けたらなぁと思うので、その時は是非読んでいただけたらと思います」と今後についても答えた。

最後に小竹さんへ一言ということで、「小竹さんとじゃないと出てこなかった言葉だったり、表現だったりがすごくあったと思うので、そういう意味ですごく感謝しています!今日の夜はどうかぐっすり休んでいただけたらと思ってます」とお礼を述べ締めくくった。