新生ぺこぱ誕生!? 松陰寺「福くんの松陰寺役が上手すぎる!」

日本赤十字社が、10月6日に品川プリンスホテル プリンスホールで、献血推進プロジェクト「いこう!献血」記者発表会を開催した。

「いこう!献血」は、少子高齢化や新型コロナウイルス感染症によって献血の機会が失われるなか、10代~30代の若い世代を中心とする多くの方に 「自分の力を誰かのいのちに届けるチャンス」「社会貢献・成長するチャンス」「空白の時間を有益にするチャンス」と、献血をチャンスに変換していただき、献血への理解と協力を促進するプロジェクト。

記者発表会には、イメージキャラクターであるお笑い芸人ぺこぱのシュウペイ、松陰寺太勇、俳優の鈴木福、女優・モデルの大政絢が登壇。CMでぺこぱの松陰寺を演じた鈴木福が“松陰寺メイク”で登場すると、松陰寺は「フォレ(俺)が2人いるじゃないか!」と嬉しそうにコメント。シュウペイは「松陰寺さんに何かあっても“新生ぺこぱ”で福くんとやっていきますね」と会場の笑いを誘った。

トークセッションでは、イメージキャラクターに就任した感想について、シュウペイは「再びイメージキャラクターに就任出来てとても嬉しいです。相方の方が“キャラクター”っぽいですけどね」と笑顔でコメント、松陰寺は「嬉しかったですが、俺みたいな妖精はいないほうがいいですよね(笑)あと福くんが今披露してくれた“悪くないだろう”ポーズ、まだまだ足りない。もっと(気持ち)出してけ!(笑)」と話し、大政絢は「イメージキャラクターに選んでいただき、とても嬉しいです。他の共演者の方々と力を合わせて多くの方に献血の大切さを伝えられたらと思います」と語った。

また、CM 撮影のエピソードについて、鈴木福は「今回は松陰寺さんを演じさせていただくということで、ぺこぱの舞台や動画をよく見て練習し、撮影に挑みました」と明かしてくれた。期間中、献血に協力した10~30代の方にオリジナル巾着をプレゼントするキャンペーンについて話が及ぶと、松陰寺は「この巾着の中には・・夢と希望を入れる!」と決めポーズ。「で、他には?」とシュウペイに無茶ぶりをされると「いや、今ので落ちたろ!」と慌てていた。

イベント後半では、「献血は、チャンス」をキーワードに、より献血について知ってもらうための献血クイズに挑戦した4人。CMで献血をよく知る“献血妖精”を演じるぺこぱの2人に期待を寄せられると、シュウペイは「前回、漢字を間違えるという大事故を起こしたので、今回はミスが無いよう頑張ります!」と意気込んだ様子。1問目の「献血は何歳からできる?」という問題では、鈴木福と大政絢が「16歳」と回答し、見事正解。大政絢は「初めて献血をしたのが16歳だったので正解できました!」とコメント。松陰寺は「君のメロディが君に降りたとき」とふざけながらも「ぺこぱも本当はちゃんと理解していますからね!」と訂正し、しっかりアピールした。2問目の「献血した血液はどれくらいの期間保存できる?」という問題では「3日間~4日間」と答えた大政絢だけが正解し、全問正解となった。

最後に一言ずつメッセージを求められると、鈴木福は「献血に行こうと自ら行動を起こすことがとても大切だと思いました。16歳から出来ることを皆に知ってもらいたい」、大政絢は「忙しくてなかなか献血に行けない方もいらっしゃると思いますが、ぜひ事前予約を活用してほしいです。友達や家族を誘って、もっと気軽にたくさんの方々に献血に協力してもらえたら嬉しいです」と献血への協力を呼びかけた。シュウペイは「ぺこぱのファンの方も巻き込み、出来るだけ多くの方に献血にご協力いただけるよう広めていけたらと思います」、松陰寺は「口笛や仕草など、福くんのモノマネがうますぎた。俺ではない(シュウペイとの)新生ぺこぱ、こっちのほうが世間も注目しそう(笑)」「献血に関しては、血液を必要としている方がたくさんいることを知ってほしいです。皆さんのご協力を、よろしくお願いいたします!」と締めくくり、会場を後にした。