山下智久が作詞も手掛けた『Vision』を起用した新TVCMが全国で放映開始!

デジタルガレージが、新広告に山下智久を起用した、新TVCM「TOMIGAYA」篇(15秒・30秒)を、9月22日から全国でオンエア開始した。

天敵がいる海へ、危険を顧みず自分たちの食料を得るために、勇気をもって最初に飛び込むペンギンをファーストペンギンと呼ぶ。DG(デジタルガレージ)グループは、リスクのあることに勇気と強い意志をもって真っ先に挑戦する、こうしたファーストペンギン・スピリットを創業以来の社是としている。

1995年の創業以来、日本のインターネットの歴史とともに歩んできたDGは、「ファーストペンギン・スピリット」の下、国内外に向けた新たなビジネスを開拓し続けている。この度、創業25周年を迎えるDGの新広告キャラクターを務めるのは、俳優、ミュージシャンとして、国内のみならず、海外にも活動の場を広げている山下智久。米仏日共同制作ドラマ「Drops of God/神の雫(仮)」(2022配信)で主演を果たすなど、世界を舞台にチャレンジという名の旅を続け、エンターテインメントの舞台で「ファーストペンギン・スピリット」を体現していることから、DGの新広告キャラクターとしてふさわしい存在と考え、今回の起用に至っている。

今回、多岐にわたる事業を展開するDGの根幹を成す「ファーストペンギン・スピリット」「富ヶ谷のガレージから始まり、新しいコンテクストを生み出し続けている歴史」「果敢に挑戦を繰り返すロックな姿勢」を象徴化した、ユニークなTVCMを制作した。第1弾「TOMIGAYA」篇では、DG創業のきっかけとなった日本初の個人ホームページ「富ヶ谷」の開設を題材に、主人公の山下智久と、その相棒を務めるペンギンのシンボルキャラクター「ファギン(ファーストペンギンの略称)」が登場。二人が出会い、DGの全貌にふれる時空の旅へ出かける様子を映画のような壮大なストーリーで描いた。
スピーディーな展開や、疾走感のあるサウンドと力強いビジュアルで訴えかけるミュージックビデオのような世界観など、CMのコンテクストとしても斬新なものとなっている本作品。相棒のファギンとの微笑ましい掛け合い、DGの創業当時を再現したガレージ内の作り込みは必見。さらには、ガレージのシャッターを開けた先に広がる、DGの世界の入り口である日本初の個人ホームページ「富ヶ谷」のサイバー空間へダイブする二人の一連のアクションやこだわりのビジュアライズなど、見どころ満載の新CMとなっている。
また、今回DGより依頼した企画コンセプトに合わせて、山下智久が作詞も手掛けたCM楽曲『Vision』では、“はじまり”を予感させるフレーズと印象的なギターリフが、DGへの期待感とスケール感を引き立てている。

■TVCM 概要
タイトル:デジタルガレージ 新TVCM「TOMIGAYA」篇(15秒・30秒)
出演:山下智久
放映日:2021年9月22日(水)
CM楽曲:『Vision』(作詞・山下智久、作曲・UTA)
放送地域:全国
CM本編
https://youtu.be/Z2r99LEelZk(15秒)
特設サイトURL:https://cm.garage.co.jp