新日曜ドラマ『真犯人フラグ』主題歌はNovelbrightの新曲「seeker」に決定!

10月10日(日)からスタートする新日曜ドラマ『真犯人フラグ』の主題歌が、大阪発5人組ロック・バンドNovelbrightの「seeker」に決定した!

2020年夏にメジャーデビューを果たした後「第62回日本レコード大賞」で新人賞を受賞し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中のNovelbright。そんなNovelbrightが『真犯人フラグ』のために書き下ろした新曲「seeker」は、突如家族が失踪し失意の底に沈みながらも真実を求める主人公・相良凌介(西島秀俊)と重なる、切ない歌詞とメロディが特徴の心に沁みるナンバーとなっている。

いち早く主題歌が聴ける予告映像もこの度解禁!

■コメント

<Novelbright コメント>
どんなに絶望の淵に立たされても必ず一筋の光はある、その瞬間当たり前にあった幸せはどこかに隠れているだけで必ずまた見つけ出すことができるという希望を込めて、そして、折れない絆を胸に主人公の諦めない気持ちをテーマに作らせていただきました。
僕たちにこのような素晴らしいドラマの主題歌を担当させてもらえること、非常に光栄です。本当にありがとうございます。
クールかつ疾走感のある曲で僕たちNovelbrightの色も、そしてドラマにもすごく合った自信作ができましたので是非ドラマと共に沢山の人の心に響き渡ってほしいです。
Novelbright Vo.竹中雄大

<プロデューサー:鈴間広枝 コメント>
今回、予告の編集で初めて、主題歌『seeker』とドラマ映像を合わせた時、「うわ!ピッタリ!」とビックリしました!
疾走感と切なさが溢れる音、逆境の中でも諦めない強さが綴られた言葉たち。「主人公・凌介に寄り添った楽曲にして頂けたら」とお願いしていたのですが、想像以上に素敵な主題歌を作って下さって、メンバーの皆さまに本当に感謝です!
後半にはNovelbrightさんらしい、希望の光がふわっと差しこんでくるような展開もあり、凌介さんの未来もそうなると良いな…と思わせてくれます。半年後、どんな結末が待っているのか、是非この曲と共に、皆さまに見届けて頂けたら嬉しいです!

■あらすじ
主人公・相良凌介(西島秀俊)は、中堅の運送会社に勤める平凡なサラリーマンで、おっとりしていてお人好し。明るくチャーミングな妻の真帆(宮沢りえ)は、スーパーでパートをしながら家計を支えるしっかり者。仲良し夫婦の2人には、高校生の娘と小学生の息子がおり、郊外に念願のマイホームを建設中だ。そう、家族4人“一点の曇りもない幸せな家庭”のはずだった・・、あの日までは。
ある日、妻と子どもたちが忽然と姿を消した・・。何の手がかりも掴めない中、失踪が明るみに出たことで、一気に世間の注目を浴びる凌介。しかし、とあるSNSの投稿で、“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”に・・!「あのダンナが殺したんじゃないの?」と、家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられながらも、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借り、真実を暴く戦いに挑んでいく・・!

■番組概要
■タイトル:真犯人フラグ
■放送枠:10月10日(日)スタート 毎週日曜よる10時半~11時25分放送
■公式HP: https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/
■公式Twitter:@shinfla_ntv ■公式Instagram:@shinhanninflag_ntv
(C)NTV