アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』おなじみ主題歌を氷川きよしが歌う

4月1日(日)から(毎週午前9時~9時30分)放送がスタートする新テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期のオープニング主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」を氷川きよしが歌うことが決定!さらにエンディング主題歌にまねきケチャの歌う「鏡の中から」が決定した。

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』といえば、“ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ~”でおなじみの主題歌から始まるオープニング。多くの人が口ずさむことのできるこの名曲を、第6期では氷川きよしが歌うことが決定した。氷川は現在放送中のアニメ『ドラゴンボール超』でも2017年2月より主題歌を担当。後枠となる『ゲゲゲの鬼太郎』でも引き続き主題歌を担当することになる。氷川は「鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在」と語っており意気込み十分。おなじみの主題歌がどのように生まれ変わるのか注目したい。

さらにエンディング主題歌を、まねきケチャが担当することが決定。まねきケチャは“この世界に『福』を招くために、人間界に降り立った見習い天使”の5人組アイドルユニットで、番組のために作られた新曲「鏡の中から」で妖怪と天使のコラボが実現する。メンバーからは「結成当時より、アニメのテーマソングを歌うことが夢のひとつだった」と喜びのコメントが寄せられた。

今年アニメ化50周年を迎えるアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』は、過去には5度にわたってテレビ放送され、世代を超えて愛されてきた。いつの時代も妖怪や事件を通じて各時代の問題点を映し出してきた同作品は、新シリーズでも現代の人間の心の闇や問題点をしっかりと描いていく。

また、主人公・鬼太郎役の沢城みゆき(『ルパン三世』峰不二子役)を筆頭に、50周年にふさわしい超豪華声優陣が勢ぞろいすることでも話題を呼んでおり、初代・鬼太郎役を演じた野沢雅子(『ドラゴンボール』孫悟空役)が今作では目玉おやじ役を演じるのは必見!その他にもおなじみの鬼太郎ファミリーに豪華声優陣が集結しており、ねずみ男役に古川登志夫(『ドラゴンボール』ピッコロ役)、ねこ娘役に庄司宇芽香(『デジモンユニバース アプリモンスターズ』花嵐エリ役)、一反もめん役に山口勝平(『ワンピース』ウソップ役)、子泣きじじいとぬりかべの2役を島田敏(『ちびまる子ちゃん』さくら友蔵役)、砂かけばばあ役に田中真弓(『ワンピース』モンキー・D・ルフィ役)が決定。さらに今作のオリジナルキャラクター、人間の女の子・犬山まな役には藤井ゆき(『美少女戦士セーラームーンCrystal』土萌ほたる・セーラーサターン役)と、50周年にふさわしい超豪華声優陣が勢ぞろいしている。

氷川きよしコメント
「『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌を歌わせていただけるなんて、これは夢なんじゃないでしょうか!?昨年、子供の頃から大ファンだった『ドラゴンボール超』のオープニングテーマを歌わせていただき、もしかして、一生分の運をすべて使ってしまったのではないかと心配になるほどうれしかったのですが、今回また、『ゲゲゲの鬼太郎』ですよ! 鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在です。大きくなったら妖怪になりたいと思っていたくらいです。(笑)この世のものとは思えないくらい幸せです。妖怪にならずに歌手になって本当によかったです。長く皆様に親しんでいただける、氷川きよしらしい歌声をお届けしたいと思います」

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

関連記事

ページ上部へ戻る