新土曜ドラマ「二月の勝者」雪降る“二月”のシーンで柳楽優弥、井上真央がクランクイン!

(C)NTV

10月16日(土)にスタートする、新土曜ドラマ「二月の勝者 -絶対合格の教室」。
累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが原作、主人公、最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を柳楽優弥が演じる、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。

人気マンガの実写ドラマ化ついに撮影開始。
晴天30℃超える真夏日にダウンコートと手袋……
雪降る“二月”の中学入試で出会うシーンから撮影スタート!

(C)NTV

コートの中は汗だくも、“冷徹”な表情を見せる黒木蔵人。
8月某日、10月期土曜ドラマ「二月の勝者 -絶対合格の教室」
主演の柳楽優弥、井上真央がクランクイン!
初日最初の撮影は、原作でも印象的な入学試験会場での黒木蔵人と佐倉麻衣の出会いのシーン。
“二月”の雪が降る中、傘もささず、表情も変えず、試験会場となる学校の門前で名門中学受験塾「ルトワック」の腕章をつけて佇む、柳楽優弥演じる黒木蔵人。
中堅中学受験塾「桜花ゼミナール」の新任講師として生徒の応援に来た、井上真央演じる佐倉麻衣。
気温30℃を超える真夏日にダウンコートを着て撮影に挑んだ二人は、「このシーンは自分との戦いでした!(笑)このチームで力強くワンクール駆け抜けたい」(柳楽)、「柳楽さん演じる黒木先生の良い相棒になっていきたいです!」(井上)と意気込みを語った。
10月16日(土)夜10時スタートの新土曜ドラマ「二月の勝者 –絶対合格の教室–」注目だ。

キャストコメント
◆柳楽優弥 コメント
まさに初日から「二月の勝者」というタイトルにふさわしい、雪が降る入試試験のシーンから始まりましたが真夏にこのシーンの撮影は自分との戦いでした。(笑)
今日が初めての井上真央さん演じる佐倉との撮影でしたが、とても安心感がありました。このチームで力強くワンクール駆け抜けたいなと思いましたし、とても前向きな気持ちになれる初日でした。

◆井上真央 コメント
真夏に真冬のシーンから始まるという過酷なスタートでした︕
⼀年を通し描いていく作品なので、冬を迎える頃に夏のシーンを撮影しているかもしれません(笑)
体調管理に気をつけながら、スタッフ、キャストのみなさんと⼀緒に頑張りたいと思います。
柳楽さん演じる⿊⽊先⽣にとって最初は頼りない存在の佐倉ですが、徐々に成⻑しながら良い相棒になっていきたいです。

【「二月の勝者-絶対合格の教室-」ドラマ あらすじ】

中学受験生のうち「約7割が第一志望に受からない」といわれる昨今。
東京都は特に激戦区で、4人に1人が中学受験を経験、しかしいわゆる“首都圏難関校”に合格するのは10人に1人程度。ドラマの舞台となる「桜花ゼミナール」は、難関校合格者を数名出してはいるものの、合格実績はあまりふるわない中堅中学受験塾。
一方、都内トップ校合格者の6割を輩出しているという隣接する業界最大手の名門中学受験塾「ルトワック」は、一部の優秀な生徒を中心に事業を展開し、下位者はバッサリ切る方針で好実績を叩き出している。桜花ゼミナールは、あくまで生徒一人一人に合った指導と進路指導を展開していた。
しかし、今年は、御三家(開成、麻布、武蔵)合格者はゼロという惨敗の結果となっていた。
そんな桜花ゼミナールのテコ入れの為に新たな塾長がやってくる。それが、このドラマの主人公・黒木蔵人(くろき・くろうど)。黒木は名門中学受験塾ルトワックの元カリスマ講師だった。バケモノ級トップ塾のトップ講師がなぜこんな中堅塾の桜花ゼミナールに……?
そんな皆の疑問をよそに、黒木は着任早々、とんでもないことを言い放つ。
「塾は“子どもの将来”を売る場所。生徒は“金脈”、その親たちは“スポンサー”だ」と。
しかし、黒木は生徒たちの前で堂々と「ここにいる全員を、第一志望校に合格させる」と宣言するのだった。
戸惑う塾講師たちに黒木は問う。子供を合格へ導くのに一番大切なことは何か?
黒木は言い放つ、その答えは「父親の経済力」と「母親の狂気」だと。
果たして黒木は、どんな指導で生徒を導くのか。
本当に子供たち全員を合格させることができるのか。そして、その先に何を見るのか

ドラマ概要
<番組タイトル> 「二月の勝者-絶対合格の教室-」
<放送枠> 初回放送 2021年10月16日(土)夜10時スタート!(毎週土曜よる10時放送)
<出演者> 柳楽優弥 井上真央 加藤シゲアキ
池田鉄洋 瀧内公美 今井隆文 加治将樹 / 岸部一徳 他
*公式HP: https://www.ntv.co.jp/2gatsu/
*公式Twitter: @2gatsu_ntv
*公式Instagram: @2gatsu_ntv
(C)NTV