映画「新宿パンチ」小澤廉、ヒロイン役の吉倉あおいの背の高さに驚く!

12月1日、東京新宿のシネマート新宿 スクリーン1で映画「新宿パンチ」初日舞台挨拶が行われ、主演の小澤廉、ヒロイン役の吉倉あおい、毎熊克哉、財田ありさ、矢柴俊博、監督の城定秀夫が上映後に登壇した。

単独初主演映画ということで劇場に訪れたファンから温かい拍手で迎えられた小澤は、映画と同じパンチパーマにスーツ姿で登場、MCから改めて祝福されたうえで「童貞でパンチパーマ役」について聞かれ小澤は「情報過多って感じでした(笑)、童貞で100人の女性にフラれて、しかもパンチパーマっていうのでパンチ効いてんなぁ~と思ったのと、演じがいのある役どころだなと思いました」と依頼が来たときのことを語った。

共演者の毎熊の話になり小澤が「毎熊さんって、結構男らしい顔じゃないですか、仲良くなってない人から見るとちょっと怖いなって思うじゃないですか、でも笑った顔がすごいキュートなんですよ」と暴露し、「この毎熊さんのキュートな笑顔が見たいから、どう笑かそうかずっと考えていた」と舞台裏での思い出話を語った。

そして、ヒロイン役の吉倉の話になったところで小澤が「ひとついいですか『今日背高くない?』こんなに背高くなかったでしょ」とビックリした様子、これに吉倉は爆笑しながら「今日はドレスなので、高いヒール履いて」と言ったところで小澤から「僕を下げたと…今日晴れ舞台でっせ」と自虐し会場を笑わせた。

また、映画の中で小澤と吉倉が手をつないで逃げるシーンについて小澤が、「吉倉さんは御覧の通りスタイルがとても良くて、脚が長くて」と紹介し「僕は足が速いと自負してたんで、早すぎたら手引っ張って無理って信号送ってね」と言ったが、いざシーンに入ると「吉倉さんは足が速くて僕を追い越そうとすんですよ」とまたまた自虐、吉倉も「遅いな…」と明かし会場は爆笑に包まれた。

キーワードが“パンチ”ということで、最近あった「パンチの効いたエピソード」について聞かれ小澤は「京都に遠征に行っていて、家に帰って来たら電気が止まっていた」と明かし、暗い話に会場は静まり返った、すかさず矢柴から「パンチ効いてんなぁ!」と助け船。さらに「ずっと男同時の撮影してたとき、最終日に初めて吉倉さんに会い『すんげぇ~美人だな』ってことしゃべったよね」と小澤との男同士の会話を披露しパンチの効いたエピソードは成立となった。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る