大島優子 1年ぶりのイベント出演に「身がキュッとなりました」

元AKB48で女優の大島優子が8日、都内でスマホ用シミュレーションRPG『ファントムオブキル』の新テレビCM発表会に出席した。

昨年7月にアメリカへ渡航すると所属事務所を通してコメントを出して以来、約1年ぶりとなるイベント出演だったが、大島は「(報道陣が)たくさん集まっていただいてうれしいです。カメラを向けられて一瞬ドキッとしましたし、久しぶりにフラッシュを浴びて身がキュッとなりました」と笑顔を見せた。

アメリカでの生活について質問されると「いろんな経験をさせていただいて、こうやって待ってくれているファンの皆さんの前に戻ってこれたことをとってもうれしく思いますし、待ってくれていたファンへの感謝の気持ちでいっぱいです。改めて帰ってきてから思いました」と振り返る。CM撮影については「ゲームの中に私が入ったような世界観でしたね。監督に『もっと可愛く』と言われたのですが、可愛さというのをとうに忘れていたので、大変でした(笑)」と明かした。

この日、大島と一緒に登壇した、同作プロデューサーの今泉潤氏は「“国民的”な人にお願いしたい、という思いから大島さんに出演のオファーをしました」とコメント。すると大島は「国民的お祭り女なんですか」と茶目っ気たっぷりで返す。発表会終盤にゲーム4周年と30歳となった大島へのお祝いの気持ちを込めたケーキが登場すると「うれしいです」とローソクの火を吹き消した。(斎藤雅道)

関連記事

ページ上部へ戻る