寺嶋由芙、『99人の壁』クイズ参戦に名乗り!アイドルでもいいのなら……

俳優の佐藤二朗が司会を務めるフジテレビのクイズ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(毎週土曜19時放送)をYouTube Liveで公式実況中継し、視聴者さながらに番組の感想を述べたり、裏話を披露する裏番組『裏99人の壁』の収録がフジテレビ本社で行われ、収録後に番組MCを務めるニッポン放送・吉田尚記アナウンサー、番組を盛り上げるクイズ作家の日高大介 、ゲスト出演した寺嶋由芙(アイドル)が同番組の見所などを語った。

『超逆境クイズバトル!!99人の壁』は一般公募の参加者で四方を囲んだ99人の群衆“ブロッカー”に対し、たった1人の“チャレンジャー”が「自分の得意ジャンル」を武器に、賞金100万円のかかるクイズバトルに挑むという内容。同番組を実況する『裏99人の壁』の収録ではそんな番組をモニターで眺めつつ、3人が感想を述べあい、それぞれがクイズに対するうんちくなどを披露する。今回は「覆面ライダーズ席」も用意され、本番組を取材に来た報道陣が覆面をかぶって番組に参加。実況中に鋭い質問を直接3人に投げかけた。

番組のファンを公言し、99人の群衆“ブロッカー”の一人として番組にも出演した吉田アナは「2時間番組があっという間。しゃべることがいっぱいあって、しゃべることに困らない番組だなって思いました」と満足げな表情。寺島も大のクイズ好きであるといい、自身の“オタク”な一面をくすぐられるようなクイズのお題の数々に大興奮。本番組のブロッカー参戦にも名乗りを挙げ、「出たい!応募しようかな。アイドルでもいいのならぜひ申し込ませてもらいたいです。得意ジャンルで勝負できて、夢があるし、自分だったらいけるんじゃないかって言う気持ちになれるので」と嬉しそうにコメント。

もし出演した場合には「自分の得意ジャンル」として“ゆるキャラ好き”などを推していきたいといい、「ゆるキャラはもちろん。あとサンリオキャラクターとかも。自分の好きを出すっていうのはいいですね」と述べ、この裏番組についても「出場した人がこの裏番組に参加するというアイデアも面白いのかなって」と今後の企画内容まで逆提案。「そしたらその出場者のことをより深く聞けるじゃないですか。なぜその人がその得意ジャンルにハマったのか掘り下げることもできますし。あと、名物ブロッカー座談会を開いても面白いかも」と目を輝かせて話した。

日高もこの寺島の提案に乗り気。「番組が回を重ねるごとに名物ブロッカーの方も生まれてくると思いますし、その方達をお招きしてどういう心境だったかを聞くのも面白いかも」と笑顔で同調。番組を通じて寺嶋にはクイズ作家としての素質を感じたといい、「クイズに答える目線とクリエイティブな目線を両方持って番組をご覧になっていた。番組の面白どころもわかっていらっしゃった」と持ち上げると、吉田アナは「日高さんがメロメロになっている」とニヤニヤ。そんな吉田アナも「番組では使われなかったクイズなどをこの裏番組で取り上げるというのも面白いかも」と寺嶋に負けじと自身のアイデアをぶつけていた。(取材・文:名鹿祥史)

関連記事

ページ上部へ戻る