ハリセンボン CMで「女の顔の部分」魅せる!

通販で全国展開する基礎化粧品ブランド「FINE VISUAL」のWEB限定CMの発表記者会見が行われ、CMに出演している、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜、箕輪はるか、俳優のテット・ワダが登場した。

「FINE VISUAL」は、ハリウッドのメイクアップアーティストを中心に広がり、今では日本の女優やモデル、アナウンサーまで、多くの方に愛用されている基礎化粧品。

会場の舞台にはCMと連動した形でキングサイズのベッドが置かれ「ベッド・イン」で会見が行われた。

長い暗転から、いきなり3人のベッドインシーンで始まった会見は、春菜の「なんですかこのこれは!? プライベートで寝てたら…えっ!」とボケ、MCのエハラマサヒロから「こんな一番見やすいところでプライベートで寝ないでしょ! 薄明りの中で、あなたがヒグマみたいに(ベッドに)入ってくるの見てましたよ」とツッコまれ笑いを取った。

今回のWEB限定CMは、春菜とはるか2人それぞれがテット・ワダと、ベッドで寝ているシーンを大人っぽくセクシーに表現している。CMを観たエハラは、「はるかなんて、ちょっと引いても滅茶苦茶イイ女だな」とビックリした様子で、はるかは「(自分のことを)ホラン千秋さんなんじゃないかな」と調子に乗り春菜から「ホラン千秋さんが10日間飲まず食わずだ」とツッコまれ会場は爆笑。

エハラから撮影現場の様子と、テット・ワダの魅力について聞かれ春菜は「良かったです。また、テットさんによって女性ホルモンも引き出されましたから、もう帰りなんかトゥルントゥルンですよ」と、春菜に女性ホルモンが引き出されたと言うことで会場は笑いが起こった。さらにエハラから「CMでハリセンボンのお二人とも女性の顔になっていましたね」と感想を言われ春菜が「普段、笑いって部分であんまり見せないようにしていたんですよ『女の顔の部分は』でもCMでは出しちゃおって! それなりのギャランティもいただけるから」とぶっちゃけ爆笑に包まれた。

テット・ワダはハリセンボンの女性としての感想を、「会う前はユーモラスな方なんだなぁと思っていたが、実際に現場でお会いしたら、すごく真面目で、最近の女性よりもっと女性らしい、繊細なところがあるんですよ」と好印象だったようだが、ハリセンボンの2人にしてみれば「ユーモアがない真面目で繊細な女性」と解釈され、エハラからは「ハリセンボンがハリセンボンぽくないですけど、いいですねぇ~」と芸人じゃない一面を暴露され困っていた。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る