「幸せ!ボンビーガール」番組史上最も危なっかしい開業ガールに密着!

©NTV

1か月半前までは生地すら焼いたことのなかった超天然な開業ガールがクレープ屋さんをOPENしたらスタジオ歓喜の大どんでん返しが!

20代や30代の若さで自分の店を持とうと決意するには勇気がいる。コロナ禍の今なら尚の事だ。それなりの貯金があり、決断力や探求心に優れた者、夢を叶えたいと願う熱意とフットワークの軽さ。開業を志す者には、これら条件が必須になる……かと思いきや、今夜10時放送の「幸せ!ボンビーガール」では、そんな事もないと思わせてくれる異例の開業ガールが登場する。

若干28歳の“さやか”さんは、今まさに東京のど真ん中でクレープ屋を開業しようと奮闘している異例の開業ガール。何が「異例」なのかはVTRを見れば一目瞭然だが、スタッフが密着を始めた時、既に自分で決めたオープンの日の1か月前にも関わらず、生地すら まともに焼けない状態だった。作り方も分からず、YouTubeを見ながら独学で練習を重ねる日々。8年前に山口県から上京し、開業資金に500万円を貯めたのは努力の賜物だと賞賛する一方、その資金の ほとんどを費やして移動式のキッチンカーを購入したのに、今度はオープンの10日前にも関わらず開業場所が決まらないという有様。ところが、この危なっかしさを心配したDAIGOがオープンの日に“さやか”さんの元を訪ねてみると、キッチンカーの周りには予想外の光景が。DAIGOも購入しようと近づくが、芸能人オーラ全開のDAIGOにすら最初は全く気付かず集中して調理を続ける“さやか”さん。彼女を見ていると、内に秘めた熱意や意地、人には見せることのない努力の結晶が感じられる。条件を並べて自分には無理だと始める前から諦める事は簡単だが、思い切った行動を取る事が いかに大変な事なのか痛感させられる一方で、どことなく天然で おっとりとした愛らしい“さやか”さんの人柄を見ていると、“私にも何かできるんじゃないか”と勇気をもらえるVTRになっている。

©NTV

放送日:2021年5月25日(火)22:00~23:00
出演者:進行/劇団ひとり、水ト麻美(日テレアナウンサー)
パネリスト/植松晃士、杉村太蔵、DAIGO、ハリセンボン、森泉
スタジオゲスト/木嶋真優、髙橋ひかる、フワちゃん 【五十音順】
*提供画像 ©NTV