橋本環奈の「あ〜ん」に田中圭デレデレ「恥ずかしくなっちゃいますね」

女優の橋本環奈が11日、都内で行われた「アフラックの健康応援医療保険」商品発表会に俳優の田中圭、お笑い芸人のあばれる君と出席。イベント中のゲームで勝者となった田中に、大好物だという松坂牛を「あ〜ん」で食べさせる演出をするなどサービス精神たっぷりのパフォーマンスで会場を和ませた。

アフラックの新CMでは田中とあばれる君、橋本とチャン・カワイがそれぞれ共演。コミカルなコント風のドラマで健康をアピールする内容となっているが、橋本はチャン・カワイとの共演の感想を求められ、「部活のマネージャーみたいな感じでチャンさんを応援する役だったんですけど、飴と鞭を使い分ける演技で楽しかった」と嬉しそうな表情。

橋本にとって健康のために気をつけていることは「笑顔」だといい、「病は気からということもあるので。悩みというか、あんまり考え込まないように注意して生活しています。笑顔でいると楽しくなれるので」と自身の健康法を紹介。今年が10代最後の年だというが、「20歳になる実感がわかないです。でも、より大人としての自覚を持って生きようって心掛けたいです。健康にも気をつけたい。親孝行もしたいです」と今後の意気込みも。

田中とあばれる君もCMの撮影を振り返って仲良しトーク。田中は「びっくりした。リアリティがある絶妙な芝居をするんです」とあばれる君の演技力を壇上で絶賛。あばれる君はこれに大感激で「褒めてくれるので嬉しくてさっき思わず椅子から立ち上がってしまいました。共演するのは光栄、新鮮でした」とコメント。

CMの中では田中とあばれる君の顔が至近距離まで近づく、田中主演の大ヒットドラマ『おっさんずラブ』の世界観を彷彿とさせるシーンも盛り込まれているが、あばれる君は「芸人でこんなに田中さんに近づいて演技したのは僕くらい。いい匂いしました。帰って嫁に報告します」とニヤニヤ。田中も「耳元でしゃべるとドキドキしてくれて嬉しかったです」と息ぴったり。その後、田中とあばれる君による健康年齢測定対決が行われ、勝者となった田中に橋本が「あ〜ん」の演出で応えると田中は「恥ずかしくなっちゃいますね」とデレデレ。

田中は「健康であればほかのことはだいたいどうにかなる。自分もいろいろあって健康を見直そうと思っていた矢先。30歳を超えて体力的にも落ちてきていますし、気を付けていきたい」とコメント。あばれる君も健康のためジムに通っているといい、「やっぱり若いと思ってもいつ何があるのかわからない。健康に気を付けます」と田中に同調。また、30代後半を目前に「子供が欲しいです」とも述べ、「野球が好きなので野球チームが作れるくらい欲しいです。その対戦相手、審判も合わせたくらい欲しいです」と話して会場を笑わせていた。


(取材・文:名鹿祥史)

関連記事

ページ上部へ戻る