ノブコブ・吉村崇 ニューヨークでのバーレスク大会に出演 地元ファンに絶賛される!

平成ノブシコブシ吉村崇が、ニューヨーク現地時間9月28日(金)にブルックリンで開催されたバーレスク大会NewYork Burlesque Festival (ニューヨーク バーレスクフェスティバル)に出演し、イシバシハザマ・ハザマ、てのりタイガー・ムラジュンの3名によるユニットボーイレスクショー「SAMURAI BOYLESQUE」を披露した。

NewYork Burlesque Festival は世界3大バーレスクイベントの1つであり9/27(木)~9/30(日)の4日間、マンハッタンのTimes Squareやブルックリンにある有名ナイトクラブ(SONY HALL、Brooklyn Bowl、The Bell House等)で行われ、世界各国から100人近いバーレスクパフォーマーが集結する。

初出演の吉村は T.YOSHIMURAとし日本からのスペシャルゲスト枠で出演、22組中19番目の出番順で、MCのSHELLY WATOSONから盛大な呼び込みを受けてショーがスタート。音楽が始まると隣接しているバーやボウリング場からもホールに人が集まり大歓声で迎えられた。

日本国内で定期的に続けている公演の数倍のプレッシャーをはねのけ、いつも以上に気合の入ったT.YOSHIMURA達。ソーラン節をテーマ曲とし殺陣からスタートする演目は、武将の煌びやかな衣装も含めて日本代表をアピールする演技に客席は想像を上回る大歓声に包まれた。

終演後も多くの方から写真撮影や握手を求められ、世界のボーイレスクパフォーマー「T.YOSHIMURA」の華々しいデビューに花を添えた。

今回のNewYorkBurlesqueFestival総合プロデューサーAngie Pontani(アンジーポンタニ)からは「エネルギッシュですごく日本らしいパフォーマンスに、お客様はとても盛り上がっていました。ぜひ来年も来てほしい!」との賛辞の言葉をもらった。(ジェイタメ編集部)

 

関連記事

ページ上部へ戻る