理想の結婚式は相方・綾部がハーレーで乱入!? ピース・又吉直樹 結婚は「いつかしてみたい」

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が18日、オンラインで行われた「Wedding Park 2100 ミライケッコンシキ構想」発表会に登壇した。

又吉は「2100年の結婚式」をテーマに書き下ろしたショートストーリーを公開したが「2100年というのはかなり未来じゃないですか、考えるのは楽しかったですね。結果、2200年から考えるという、すごい変なことをしてしまった」と明かした。

作品作りには苦労したそうで又吉は「正直、書くのに困っている自分からスタートしました」と話し、「困っている自分がいて、そこに自分の子孫から助けがくるという、設定にしました」と明かした。

なお、書き下ろし作品は2200年に生きる又吉の子孫に、2100年の結婚式について主人公・又吉に手紙で教えるストーリーとなっているが。その狙いを又吉は「結婚というのは、人と人が家族になって、そこから家族が増えていくという場所だと思いました。自分の子孫が結婚式に出てくるのは相応しいと思いました」と説明し、「結婚式という場所があって、そこから命が繋がっていくというイメージがあった」と自身が感じる結婚観について語った。

また、未婚である又吉は「結婚はいつかしてみたいですね。子供の頃は40歳には結婚してると思ってたんですが」と理想と違ったことに苦笑。理想の結婚式については「相方がハーレーに乗って、呼んでもないのに真ん中まで来て『おめでとう』だけ言ってそのまま帰って行く結婚式とか考えますね」と相方の綾部祐二が最近、ハーレーダビッドソン博物館訪問ショットをSNSに投稿したことをネタにしたのだった。