「きみセカ」今週の放送前インスタライブは土曜日開催!挿入歌を歌う安田レイが登場決定!

日本テレビ×Huluの共同製作ドラマであり、Season1が日本テレビ系で現在放送中の「君と世界が終わる日に」。地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である本作。

第八話では、ミンジュンが“駐屯地にいた女”のせいでゴーレムに噛まれたと知り、その正体が来美だとは知らずに憎しみを募らせる響。一方、駐屯地にはゴーレムが侵入し、生存者が激減。来美と自衛隊の桑田(浅香航大)たち駐屯地グループは、安全な場所を求めて響たちの暮らす島へ上陸する。響たちと駐屯地グループは、仲間を傷つけた相手を憎み復讐へと突き進んでしまう…!敵の後方から回り込むために森を進んでいた響は、仲間に向けて銃を構える女の姿を見つける。ミンジュンを刺した女だと確信した響は「動くな」と弓矢を構える。響の声に気づいて振り向こうとした来美。だがその瞬間、響が放った矢が来美の胸を射ち抜いた!崩れ落ちた相手が来美だと気づき、その場に立ち尽くす響…!あまりに残酷な再会となってしまった…。

Season1の最終章に向けて物語が加速していく中、第九話の放送前日、土曜日にインスタライブに挿入歌「Not the End」を歌う安田レイの登場が決定。ここまでのオンエアでも胸を締め付けるようなシーンに寄りそってきた安田の歌声。Season1の最終話に向けて、安田が楽曲に込めた想い、そして演じる側である中条あやみから見た挿入歌「Not the End」への想いを語る。

さらには今回特別に安田本人による生歌唱も!?
恒例今週の見どころや、毎週Twitterのトレンドを騒がせている今週のハッシュタグも発表される。今週もここだけでしか聞けないスペシャルなトークが満載!ぜひ、お見逃しのないようにしていただきたい。配信は18時50分ごろ、番組公式(@kimiseka_ntv)安田レイ公式(@yasudarei)から配信予定。(撮影スケジュールにより配信時間は予告なく変更になる場合があります。)

【安田レイProfile】
1993年4月15日、アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。3歳で日本ヘ。
10歳の頃、母親が聴いていた宇多田ヒカルに衝撃を受けてシンガーを志す。
13歳で音楽ユニット『元気ロケッツ』に参加。20歳を迎えた2013年「自身の歌声をもっともっとたくさんの人々の心に直接届けたい」という強い想いを胸に、同年7月シングル「Best of My Love」にてソロシンガーとしてデビュー。その後も、ドラマやアニメ主題歌、CMタイアップ曲など、話題の楽曲を次々とリリース。2015年11月にリリースした「あしたいろ」は、TBS系ドラマ「結婚式の前日に」主題歌として共感を呼び、その年の活躍が認められ、「第57回輝く!日本レコード大賞」新人賞も受賞。これまでにリリースしたアルバム3作全てがiTunesにてJ-POPチャートTOP10入りを果たしており、さらなる活躍が期待されている。

■安田レイ オフィシャルサイト
http://www.yasudarei.net/

【第九話あらすじ】
響(ひびき)(竹内涼真)が矢で射ち抜いた相手は、なんと来美(くるみ)(中条あやみ)だった! あまりの衝撃に言葉を失う響だが、意識のない来美は一刻を争う容態で……。
その頃、施設の前では、甲本(こうもと)(マキタスポーツ)と佳奈恵(かなえ)(飯豊まりえ)が等々力(とどろき)(笠松将)を人質に、自衛隊と対峙。一触触発の状態の中、桑田(くわた)(浅香航大)は佳奈恵の言葉によって駐屯地への疑問を抱き始める。
駐屯地では、首藤(しゅとう)(滝藤賢一)の監視下にあるジアンは、首藤が駐屯地の避難民に打たせているという、『ワクチン』の正体が気にかか……。
一方、響の前には妹の仇を討とうとした勝利(しょうり)(田中奏生)が現れる! 自暴自棄になり、自ら命を差し出そうとするが……。
そんな中、駐屯地から島に意外な人物がやってくる! それは、首藤の行動を不審に思い、駐屯地から逃亡して来た人物、桑田だった……!
そんな中、紹子(しょうこ)(安藤玉恵)の容体が悪化! しかし必要な抗生剤は島にはない! もう一度駐屯地に乗り込むのは危険な状況の中、紹子を撃ってしまった責任を感じる勝利は、ある提案をする……。
様々な思惑が錯綜する中、響たちは抗生剤を手に入れるために駐屯地との交渉を始める。しかし、無線機で交渉に応じたのは、あまりにも意外な相手だった!

【番組概要】
■タイトル 「君と世界が終わる日に」
■放送枠 Season1(全10話):2021年1月17日スタート 毎週日曜よる10時30分放送予定
Season2(全6話):2021年3月スタート Hulu オリジナル配信
■脚本 池田奈津子
■音楽 Slavomir Kowalewski A-bee
■主題歌 菅田将暉「星を仰ぐ」(Sony Music Labels Inc.)
■挿入歌 安田レイ「Not the End」(Sony Music Labels Inc.)
■制作協力 日テレ アックスオン
■製作著作 日本テレビ HJ Holdings,Inc.
(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.