「マツコ会議」賞金総額110億円のeスポーツ大会も!最新のeスポーツ事情とは?

(C)NTV

3月13日(土)23:00〜23:30放送の「マツコ会議」はいまとんでもない盛り上がりを見せているeスポーツ業界で活躍中eスポーツキャスターの第一人者、平岩康佑。

元々は朝日放送のアナウンサーだった平岩さんは、甲子園などのスポーツ実況を経験。その実況テクニックをいかし、まるでスポーツ中継のような世界観で観ている人たちを魅了し、eスポーツ業界に旋風を巻き起こしている。そんな平岩さんの顔を見たマツコは「サラリーマン感はもうない」「関西の局の人気若手アナウンサー顔よね」と早速いじり、eスポーツキャスターとして月にどれくらい仕事をしているのか聞くと、出演でいうと月に10日から15日だと言い、コロナ渦で選手が家にいても大会ができるということもあり、仕事は増えたんだそう。2018年以降、急激に市場も伸びているそうで、今年2月に始まったeスポーツ大会の賞金総額は国内最高で3億円だそう。さらに「フォートナイト」というバトルロイヤルゲームは登録者が世界で3億5千万人を超えているそうで、その世界大会の賞金総額は110億円だという。

(C)NTV

平岩さんが実況をするeスポーツ大会のゲームの一つ「エーペックスレジェンズ」は、1つの試合で20チーム60人のプレイヤーがおり、大会より前の段階で、すべての選手の戦歴や特徴、試合にかける思いなど事前に取材した内容を細かく資料にしておくという。

番組後半では、平岩さんを起用する側のeスポーツ大会主催者かつプロゲーミングチーム「クレイジーラクーン」のオーナー「リテイルローのおじさん」が登場。2019年より開催している、賞金総額250万円の大会「クレイジーラクーンカップ」では、第一回大会から平岩さんを起用している。世界から見ると遅れている日本のeスポーツに関して、マツコと業界の未来を語る。

【放送時間】2021年3月13日(土) 23:00 ~ 23:30 
【出演者】マツコ・デラックス、平岩康佑、リテイルローのおじさん
*提供画像 (C)NTV