憧れのスターからビデオメッセージが届く「heyhey」がサービススタート

(左から)美馬寛子、廣瀬俊朗、道端カレン

3月4日(木)、東京・池袋のライブ劇場「harevutai」で、プラットフォームサービス「heyhey(ヘイヘイ)」のジャパンローンチ発表会が行われた。このサービスでは著名人からの唯一無二の動画メッセージを受け取ることができる!

インド発の同サービス。まずユーザーが参加しているタレントなどの著名人(=hey!Star)へ有料でリクエストを送ると、その内容に合わせて動画を撮影。その動画データがユーザーのもとにビデオメッセージとして届けられるというもの。

すでにインドではサービスが開始されており、ハリウッド映画にも出演経験のあるタレントや数百万人のチャンネル登録者を持つYouTuberなども参加している。国内では、モデルの道端カレンや美馬寛子、元ラグビー選手で俳優の廣瀬俊朗をはじめ、アスリート、ビジネスパーソン、俳優、モデル、アイドル、アーティストなど多ジャンルの著名人が参加。今後はハリウッドスターなども名を連ねる予定だという。

同サービスは、第三者宛へのプレゼントとしてビデオメッセージをリクエストすることも可能で、誕生日や記念日、結婚式などの晴れの日のほか、人を勇気づけたい時などさまざまなシチュエーションで活用できる。

なお、サービスを通して発生する収益の一部は社会貢献活動金として拠出される仕組みとなっており、ファン・タレント・慈善活動3方向の架け橋となることを目指すという。

発表会当日は、「heyhey Japan」代表の相亰俊信や、社外取締役と公式アンバサダーを兼任する元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗、公式アンバサダーのミス・ユニバース・ジャパンナショナルディレクター美馬寛子、「hey!Star」として参加しているモデル・タレントの道端カレンが登壇した。それぞれ、このサービスに対するアツい思いを語った。

まずは相亰が登壇し「ファンとタレントをダイレクトにつなぐことで人々を喜ばせたり、元気づけたりできるだけでなく、社会貢献を通して世界を明るくしていくことができるサービスとなっている。今後は著名ハリウッドタレントが所属するアメリカのマネジメント会社との業務提携も行うなど、世界での展開を目指していきたい」と意気込んだ。

「heyhey Japan」相亰俊信代表

続いて、美馬、廣瀬、道端が登場し、「heyhey」を活用した新しい「ファンコミュニケーション」についてトークを交わした。さらに、廣瀬が「heyhey」を使い、道端にリクエストを出してビデオメッセージを撮影するなど、実演して見せた。

「heyhey」についてアツく語る廣瀬俊朗

会見の中で廣瀬は「もし子どもが憧れのアスリートからメッセージを受け取ったら、その時はどんな顔をするのだろうと想像しました。人と人とをつなぐ、双方が温まるソーシャルメディアになっている。社会貢献にもつながるため、今までにないサービスになっていくと思います」と話した。

笑顔で「heyhey」を紹介する道端カレン

道端カレンは「結婚式で有名な人からビデオメッセージが送られるというシーンはありますが、みんなができるわけでなかった。これからは『heyhey』を使って私でもメッセージを依頼できるということがおもしろいと感じました」とコメント。

おすすめの使い方を紹介する美馬寛子

美馬寛子は「あと一押し、誰かに背中を押してほしい時に自分が憧れている人からのメッセージをもらえると勇気をもらえることがある。そういったシーンでの利用もしていただきたいです」と述べた。

チャリティー告知の様子

さらに、ローンチ後の3月5日から28日の期間は、東日本大震災から10年に際し「みんなで頑張ろう、東北!」をテーマにしたチャリティーキャンペーンを展開することも発表された。料金は一律1万円の設定で、収益の50%が東日本大震災復興支援を行う団体「公益財団法人 東日本大震災復興支援財団」へ寄付されるという。

<hey!Starラインナップ> (3/4時点) ※敬称略。五十音順。
池谷幸雄、岩崎恭子、青木さやか、湘南ベルマーレ、千葉真子、坪田信貴、塚原直貴、廣瀬俊明、三浦桃香、道端カレン、美馬寛子、山田章二 etc.

■「heyhey」HP
https://heyhey.jp