進研ゼミ現役生の松本幸四郎 10代の鈴木夢・藤岡舞衣よりも「習熟スコア」が上だと判明!?

4日にベネッセ進研ゼミの新商品発表会が都内で行われ、歌舞伎俳優の松本幸四郎が登壇した。

幸四郎も自身の子供たちと勉強したいと、進研ゼミに入会している現役生で、「子供たちに勉強を教えたいというよりも、一緒に共有したい」と学ぶ理由を語った。また、イベントには俳優・藤岡弘の3女でモデルの藤岡舞衣、俳優・鈴木福の妹で女優の鈴木夢も登場した。

幸四郎は、松本家の家訓として「一意専心」ということばフリップで発表し「何事にも勉強もお芝居も遊びも部活も、ひとつ興味を持ったらとことんやる。自分自身がその環境づくりをする」と説明。「ひとつのことに専念するのはカッコイイし、親としてその環境作りをサポートしたい」と父親としての考えを明かした。

藤岡は藤岡家の家訓を「何事にも努力 すべてに無駄はない」と明かし、「(父は)俳優でもあり、武闘家でもあり、いろいろな資格も持っている、マルチなひと。『何事も、努力すれば結果は必ず帰って来るよ』と。何かをするたびにその言葉を思い出して取り組んでいます」と話した。鈴木は、「『素直で人に好かれる人になろう』です。芸能活動と学業を両立できることは、支えがあってできることだから、感謝の気持ちを持とうと話しています」と披露した。

また、長男が市川染五郎を襲名し役者の道に進んだことに関して幸四郎は、「曽祖父から歌舞伎役者ですけど、この家に生まれたから歌舞伎役者にならなければという義務はなく、やりたいと思わなければ、なれることもできないし続けることもできない。親としては芝居に興味を持って自分でスタートしてくれてうれしい限りですが、それは決して強要はできない」と思いを語った。

3人はベネッセが新たに導入した、タブレットを使って問題に解答すると、学習データからテストの点数を予測し、目標にあわせた学習プランを生成する「習熟スコア」を体験したが、藤岡81点、鈴木74点、幸四郎が85点と現役学生を差し置いてトップの成績を出し、ふたりに向かって「頑張れよと」と言う場面も。