24年 放送1200回を記念した『伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛』

俳優・伊東四朗とラジオパーソナリティ・吉田照美によるラジオ番組『伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛』が、2月20日(土)で放送1200回を迎えた。番組ではこれに合わせて当日生放送終了後、番組初のYouTube特番を配信した。

『伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛』は、毎週土曜日午後3時から5時に放送している生ワイド番組。83歳の伊東四朗と70歳の吉田照美が、“親父”目線で苦言を呈したり、熱く語り合うトーク番組だ。

2月20日の放送は、過去24年1200回にもおよぶ放送の中で、印象に残った放送、影響を受けた放送、忘れられない放送など、リスナーから届いた“親父・熱愛 思い出の放送”を紹介した。

さらにこの日、番組開始1200回記念として、番組初となるYouTube特番を『おかげさまです。祝1200回スペシャル パッション動画』と題して配信した。配信では、伊東四朗と吉田照美の2人が過去1200回を振り返りながら、「リスナーと一緒に乾杯」「番組の思い出お便り紹介」「1997年4月の初回放送音源」など、動画配信ならではのスペシャルな内容でお届けした。

初回放送音源を聴きながら振り返る企画では、軽快なトーク内容に対し伊東四朗が「快調な滑り出しだったね」と話すと、吉田照美は「1回目とは思えない。もう何回かやっているような感じ。やっぱり当たる番組は違うね(笑)」と笑顔を見せながら話した。

また、動画の最後に今後の抱負を求められ、伊東四朗は「いま私は83歳ですが、できれば100歳までやらせていただければ」と答え、吉田照美は「僕と接触があった人は出世する。斉藤清人が(文化放送)社長になったり、太田英明が編成局長になったり。縁起がいいんです。だからゲストの方も、一般の方もなるべく僕に手紙をください。僕は“アゲチン”です」とコメントした。7年後には卒寿(90歳:伊東四朗)、喜寿(77歳:吉田照美)、還暦(60歳:水谷加奈アナウンサー)という節目を迎える出演者3人が、元気に1200回の節目を祝った。

【番組概要】
●タイトル:『伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛』
●出演:伊東四朗、吉田照美、水谷加奈アナウンサー(アシスタント)
●放送日時:毎週土曜日 午後3時00分~5時00分