「きみセカで覚える韓国語講座!」第5回は響とミンジュンの友情を感じるあのセリフが登場

(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.

日本テレビ×Huluの共同製作ドラマであり、Season1が日本テレビ系で現在放送中の「君と世界が終わる日に」。
地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である本作。

第五話では来美(中条あやみ)の前には、響たちと袂を分かった等々力(笠松将)が。響を待つために駐屯地から離れないという来美に等々力は、「間宮響は死んだ」と、嘘を告げる。追い打ちをかけるように、愛奈(新津ちせ)がゴーレムに噛まれてしまった…。恋人、そして医師としての矜持を失い、絶望する来美。彼女が選んだのは、首藤教授(滝藤賢一)のもとでゴーレムウィルスに対抗するために“すべてを捧げる”ことだった…。一方そのころ医薬品を求めて封鎖ゲートにたどり着いた響(竹内涼真)たち放浪グループが目にしたものは、ゲートの向こう側にもあふれかえるゴーレムたち…まさしく、世界の終わりだった。

竹内演じる響と行動をともにする放浪グループの一人、韓国人青年のミンジュンを演じるN.Flyingのキム・ジェヒョン。第五話でも響との絶妙なコンビネーションでゾンビを撃退し仲間を守る姿に、SNSでは「響とミンジュンのコンビ最強!」「響とミンジュン絶対生き抜いてほしい」「響を支えるミンジュンかっこいい」と、困難を乗り越えるごとに強くなる二人の絆に絶賛の声が!

一方で、捜していた実の姉・ジアン(玄理)に銃を向けられるという哀しい再会を果たしたミンジュン。玄理とともに韓国語で長セリフの演技も披露し、「切ない再会…」「響を選んだ時の表情がすごく良かった」「ミンジュン推しが止まらない」と、愛する姉に背を向けて響と仲間たちを選んだミンジュンに、共感する視聴者も多数!首藤教授(滝藤賢一)の右腕として暗躍するジアンと、それでも姉を信じたいミンジュン…姉弟の今後からも目が離せない展開となった。

そして、ジェヒョンと一緒に「きみセカ」のセリフで韓国語を学べるコンテンツ「ジェヒョンのきみセカで覚える韓国語講座!」が、日テレ公式Youtubeで好評配信中!劇中のセリフをネイティブな韓国語で演じて見せるレアな姿や、流暢な日本語での茶目っ気たっぷりな進行ぶりは、寡黙なミンジュン役とのギャップが満載だ。

今回は、第五話からこのセリフを韓国語でご紹介!

「響は響のやりかたでいい。」

響との意見の食い違いから、放浪グループを一人で去ってしまった等々力。そんな等々力を心配し、響は「あいつなりに頑張って皆を引っ張っていた…」と後悔の念に押し潰されそうになる。ミンジュンは響のせいではないと告げ、励ますようにこの言葉を伝える。困難を乗り越えて育まれた響とミンジュンの友情も感じられる一言だ。

「ジェヒョンのきみセカで覚える韓国語講座!」は毎週土曜日更新予定。

<<動画URL>>

【第六話あらすじ】
医薬品を求め、海路から駐屯地に乗り込む覚悟を決めた響(ひびき)(竹内涼真)たち! 
途中、小島に停泊した彼らは、かつて敵対した刀集団の坪井(つぼい)(小久保寿人)たちに遭遇する……!
外部から孤立した駐屯地では、撤退を主張する自衛隊司令官の牛込(うしごめ)(神保悟志)と、このまま駐屯地でワクチン開発をすべきだという首藤(しゅとう)(滝藤賢一)の間で意見が対立。首藤は自衛隊内部で力を増していた。
そして響が死んだと思い絶望に沈む来美(くるみ)(中条あやみ)は、幼い愛奈(まな)(新津ちせ)を助けられなかった責任を感じ、危険なワクチン開発の実験台に名乗り出る! 注射を打たれた来美は、響の姿を思い出しながら意識が混濁していき……。
一方響は、坪井を説得し共に駐屯地を目指していた。出発直前、周囲と距離を置く謎の男・御前崎(おまえざき)(宇野祥平)から「行ったら、あんた、心底人を憎むことになるぞ」と不吉な言葉をかけられる響……。さらに駐屯地に向かう船上で、ミンジュン(キム・ジェヒョン)の姉が“Dr.Shuto”という医者とワクチン開発をしていることを知る。それは、響の記憶に深く刻まれていた名前だった……。
そんな中、駐屯地では牛込が謎の失踪を遂げる。自衛隊内部に不協和音が生じる中、避難者たちの間でも隔離生活の不満が爆発! 首藤は駐屯地にいれば優先的にワクチンが打てると話し、避難者たちの支持を得る。
そしてついに、響たちが駐屯地に到着! 地下通路から侵入を試みる中、響は見張りがいないことを不気味に感じるが……。響、そして来美の間に巨大な罠が待ち構えていた!

【番組概要】
■タイトル 「君と世界が終わる日に」
■放送枠 Season1(全10話):2021年1月17日スタート 毎週日曜よる10時30分放送予定
Season2(全6話):2021年3月スタート Hulu オリジナル配信
■脚本 池田奈津子
■音楽 Slavomir Kowalewski A-bee
■主題歌 菅田将暉「星を仰ぐ」(Sony Music Labels Inc.)
■挿入歌 安田レイ「Not the End」(Sony Music Labels Inc.)
■制作協力 日テレ アックスオン
■製作著作 日本テレビ HJ Holdings,Inc.
(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.