『けったいな町医者』初日舞台挨拶“けったいな町医者”こと長尾和宏&毛利安孝監督が登壇

13日、ドキュメンタリー『けったいな町医者』の初日舞台挨拶に、“けったいな町医者”こと本作被写体の長尾和宏先生と、監督・撮影・編集の毛利安孝が登壇した!
2か月以上長尾先生を追った毛利監督は、密着前、長尾先生の著書を何冊も読んでいたが、実際これを365日24時間実行するのは無理だろうと思っていたそう。2か月以上密着して実際はどうだったのかと、密着時に自分に課したルールを聞いた。長尾先生には、柄本佑のナレーションの感想、ご自身をモデルにした在宅医の役を奥田瑛二が演じた劇映画『痛くない死に方』について伺った。

毛利監督は、「今皆さんと一緒に改めて見たんですけれど、『筋の通ったけったいな方だな』と改めて思いました。」と挨拶。密着する際に自分の中でルールを決めていたそうで、「僕自身はフィクション畑の人間で、ドキュメンタリーは初めてでした。フィクションの映画と違い、段取りが出来ないので、長尾先生の2か月間を切り取ることだけ考え、とにかく長尾先生の後ろをついていきました。何が起ころうとも、『もう一度やってください』だとかは言わない。患者さんのご自宅に初めて入って、足場に色々物が置いてあっても、それをどかすという行為もしないということを自分に課してやったので、すみません、カメラがブレて見づらいところもあったかと思います。」と説明した。

長尾先生は、完成したドキュメンタリーの感想を聞かれ、「私は被写体でもあるんですけれど、患者さんが主人公です。(撮影はしたものの、本編に使わせて頂きたいと許可取りに行った際)承諾を得られなかった方もほとんどで、ご承諾をいただいた患者さんとご家族に深く感謝を申し上げます。旅立たれた方々が映っているんですから、ありえない映像だなと思いました。(本作を見たら、)在宅医療、尊厳死とはどういうものかとわかっていただけると思います。美談が多い中で、私はけったいとしか言いようがないと思います。」と回答。

気に入っているシーンを聞かれた長尾先生は、「全部気に入っていません」と冗談っぽく答え、「もうちょっとまともな医者なんですけれど、けったいなところを集めた映画です。(笑)本当は歌も上手いんですけど、玉置浩二さんに代わりに歌っていただいています」と、カラオケシーンで歌っている「ひとりぼっちのエール」が安全地帯の原曲に差し替えられていることにブラックユーモアも交えて言及。気に入っているシーンについては「患者さんの言葉は重い。それをどう受け取るか」と真面目に答えた。

長尾先生の著書が原作の『痛くない死に方』主演の柄本佑さんが本作のナレーションを務めているが、長尾先生は、「柄本さんはしゃべりがうまい。『痛くない死に方』の主演ということで縁をいただきまして、映画(『けったいな町医者』)が引き締まっているように感じました。柄本さんは『痛くない死に方』の撮影前に長尾クリニックに来て下さり、一緒に在宅の現場を1日回ったんです。色んな話をしました。すごい感性の方だなと思いました。」と大絶賛した。

長尾先生をモデルにした在宅医の役を奥田瑛二さんが演じた劇映画『痛くない死に方』が来週20日から公開になる。「天下の二枚目俳優が僕の役をやってくれるって言っても、うちのスタッフは、誰も信じなかったんです。携帯をいつも胸ポケットに入れているというのをそのままやって下さいました。奥田瑛二さんに僕の言いたいことを(セリフで)言っていただいているので、ありがたいと思いました」と感謝の言葉を述べた。

最後に、毛利監督から、「映画というのは観客の皆さんに観ていただいて、語っていただいて、考えていただいて、初めて成就すると思います。2019年の尼崎の町医者の2ヶ月間を切り取った作品です。先生たちは、泥臭く地味なことを日々やられていて、頭の下がる思いです。医療従事者の方にも本作を見てもらえたら幸せです。本作は一つの提示です。『こういう医者もいる。あなたはどうしますか?』その問いかけになればという思いで編集しました。リビングウィル、尊厳死のことでも構いません。この映画のことでも構いません。心に響くところがありましたら、ご家族、お友達に語っていただければと思います。」というメッセージが送られ、本作の初日舞台挨拶は終了した。

【あらすじ】
1995年、病院勤務医として働いていた際に、「家に帰りたい。抗ガン剤をやめてほしい」と言った患者さんが自殺をした。それを機に、阪神淡路大震災直後、勤務医を辞め、人情の町・尼崎の商店街で開業し、町医者となった長尾和宏。病院勤務医時代に1000人、在宅医となってから1500人を看取った経験を元に、多剤処方や、終末期患者への過剰な延命治療に異議を唱える”異端”。
暦を過ぎた長尾は今も、24時間365日、患者の元に駆け付ける。そんな長尾の日常をカメラで追いかけたのは、新型コロナが猛威を振るう直前の2019年末。転倒後、思うように動けなくなり、以前自分の旦那を看取った長尾を往診に呼んだ女性や、肺気腫に合併した肺がん終末期の患者さんなどの在宅医療を追った。
リビング・ウィル(終末期医療における事前指示書)と長尾の電話番号を書き残し、自宅で息を引き取ったばかりの方の元に駆けつけた際の貴重な映像も交え、昼夜を問わず街中を駆け巡る長尾の日々を追うことにより、「幸せな最期とは何か」「現代医療が見失ったものとは何か」を問いかける、ヒューマンドキュメンタリー。

出演:長尾和宏 ナレーション:柄本佑 監督・撮影・編集:毛利安孝
制作会社:G カンパニー 配給・宣伝:渋谷プロダクション
尺:116min  公式サイト:http://itakunaishinikata.com/kettainamachiisha
(c)「けったいな町医者」製作委員会
シネスイッチ銀座にて1週間公開中ほか全国順次公開