熊田が考案した『多目的トイレ』の新名称に千原ジュニア絶賛「ここ15年で一番良いこと言ったわ」

ABEMAが、「ABEMA NEWSチャンネル」において、『ABEMA的ニュースショー』を毎週日曜正午より生放送している。

2021年2月7日(日)の放送では、タレントでグラビアアイドルの熊田曜子がゲストとして初登場。3児の母ながら体脂肪率が一桁台だったこともあるという美ボディの持ち主である熊田は「ジムやエステは行かず、自己流でやっている」と話し、「今も実はやってるんです。座りながら姿勢を正すこと。背もたれも全く使わずに浅く座って膝をくっつけて座ってるだけでインナーマッスル鍛えられる」と秘訣を明かし、スタジオ一同も驚く様子を見せた。さらに、自身の2歳半の子を抱きかかえる際にも手の向きを変えることでエクササイズにもしていると語り、番組MCを務めるお笑い芸人の千原ジュニアも「すごいなー。女性で体脂肪率一桁台はなかなかできない」と感心する様子を見せた。

また、番組では、お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建が起こした不倫騒動で、不貞行為が行われた「多目的トイレ」の名称が見直されることについて着目。国土交通省が「多目的トイレ」の名称を4年ぶりに変更する方針を明かし、2021年3月には新名称が決定する予定と報じました。これについて、子どものおむつ替えなどでもよく利用するという熊田は「もし名称を変えるのなら、『思いやりトイレ』という名前がしっくりくると思う。例えば、私の子どもは立っておむつ替えができるので、寝てしかおむつが替えられない赤ちゃんがいたら“思いやり”で譲ってあげようと思える。使う人を限定せず『思いやり』を持ってみんなが使用できると思う」と自身の考えを語り、これには「めちゃくちゃいいこと言うな!」「この名前なら変なことに使えなくなりそう」と出演者一同絶賛。千原ジュニアも「熊田さん、ここ15年で一番良いこと言ったわ!」とコメントした。

また、番組では、『多目的トイレ』の名称変更から派生し、「あの名称・用語は変と感じる」ことについてトークを展開。自身が変だと感じる言葉について千原ジュニアは「機嫌」を挙げると、「機嫌はニュートラルな状態でいてほしいのに『嫌』という漢字が入ってる。それよりも『喜』を入れて『喜嫌』とした方が良いのでは」と語り、一同も納得の様子。続けて千原ジュニアは「あと気になるのは、ゆず七味って、ようは『八味』やん!」と突っ込み、スタジオの笑いを誘った。
本放送の模様は、「ABEMAビデオ」で限定配信中。

https://abema.tv/video/episode/89-76_s10_p113

■『ABEMA的ニュースショー』放送概要
放送日時: 毎週日曜正午~昼2時 ※生放送
放送チャンネル: AbemaNewsチャンネル
過去放送URL: https://abema.tv/video/title/89-76
(C)AbemaTV,Inc.