きみセカ「ショッピングモール編」完結!芳根京子の壮絶な最期…

(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.

日本テレビ×Hulu の共同製作ドラマであり、Season1が日本テレビ系で現在放送中の「君と世界が終わる日に」。地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である本作。

第四話では芳根京子演じる国民的女優、美亜の壮絶な最期を迎え、拉致された来美を救助すべく自衛隊はショッピングモールへ突入。巻き込まれながらも脱出を図る響(竹内涼真)達だが、攻防の末に等々力(笠松将)が自衛官を弓矢で殺害してしまう…。来美(中条あやみ)は救助されたあとに「弓矢を使う長身の男」が犯人だと聞かされ…。再会するかと思われた響と来美だが、絶望的なすれ違いが再び二人を引き裂くこととなってしまった。

(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.


来週放送の第五話は考察回!響たちの目指す封鎖区域の外からやってきた事件記者、狛江聡(長谷川朝晴)が登場。紹子(安藤玉恵)の夫であり、妻子を探して封鎖区域の中にやってきた狛江はかねてから番組公式裏 HP にて掲載されてきていた「記者・狛江の取材メモ」の持ち主でもある。ゴーレムはどこからやってきて、なぜ増えたのか。封鎖区域の外からやってきた彼がもたらす真実とは…? 是非、第五話の放送を楽しみにお待ちいただきたい

■狛江聡(こまえ・さとし)39 歳(長谷川朝晴)
事件記者。紹子の夫で結月の父。
封鎖区域の外側から事件を追ってやってきた。
仕事のためには家庭を顧みないタイプ。

(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.

■本人コメント
連続ドラマに途中から参加するのはいつも無駄に緊張するのですが、プロフェッショナルなスタッフ、キャストの皆様のお陰で無駄な緊張なく、自分としてはかなり充実した現場です。
アクションシーンで『大丈夫です、本気で来てください。』と真っ直ぐな目をする主演俳優竹内さんの覚悟と頼もしさ。
セッティング中、思い思いの格好で休憩していたゴーレム達のシュールな笑い。共演シーンの多かった安藤さんに『気持ち悪くてゾワっとした!』と何度か言われ、小さくガッツポーズした自分。
一生雑談していたいと思わせるマキタさんとの至福の雑談タイム。さて私はどんな役でしょうか? 皆様、5話のご視聴よろしくお願い致します。

【第五話あらすじ】

喘息の結月(ゆづき)(横溝菜帆)を救うため、危険を冒して薬を探す響(ひびき)(竹内涼真)たち。しかし、忍び込んだ病院からは誰かが持ち去った後のように薬が消えていた……! 響は停泊している安全な船に仲間を残し、ミンジュン(キム・ジェヒョン)と共に別の病院を目指す。その途中、街中でゴーレムに囲まれていた生存者たちを救出する。その中にはなんと、妻子を探しに封鎖ゲートの外から来たという紹子(しょうこ)(安藤玉恵)の夫・狛江(こまえ)(長谷川朝晴)がいた! 愛する人が生きていると知り喜ぶ狛江に、響は紹子たちの待っている場所を知らせるが……。
一方自衛隊の駐屯地では、本部との通信が途絶え、自衛隊内部でも混乱が発生。そんな中、首藤(しゅとう)(滝藤賢一)はジアン(玄理)と共に“ある計画”を進めていた……。駐屯地でけが人の対応に当たっていた来美(くるみ)(中条あやみ)の前には、響たちと袂を分かった等々力(とどろき)(笠松将)が現れる。
来美が響に宛てた書き置きを見た等々力は、自衛隊に扮して来美を助けに現れたのだが……。密かに来美に思いを寄せる等々力は、来美にとってあまりにも残酷な嘘を告げる……!
その頃、響の仲間たちが待つ船には狛江がたどり着いていた。しかし、再会を喜ぶはずの紹子は、なぜか青ざめた顔で身をこわばらせる……。
そして響とミンジュンは薬を探して辿り着いた病院で、ちょうど到着した自衛隊と鉢合わせる! 命がけでわずかな薬を手にし、自衛隊の銃撃から逃げる響たち! だがその時、ミンジュンに銃が突きつけられる……!

(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.

【第四話ネタバレ・あらすじ】

人質となっていた佳奈恵(かなえ)(飯豊まりえ)を助けるため刀集団に投降した響(ひびき)(竹内涼真)たちは、ショッピングモールの地下へと連れていかれる。なんとそこには大量のゴーレムたちが閉じ込められていた! 約束を破り、響たちの命を奪おうとする刀集団のリーダー・坪井(つぼい)(小久保寿人)。しかしその時突然停電が発生! 響は仲間に助けに戻ると言い残し、屋上にある発電機の修理に名乗り出る。
響を探すため危険なサンプル採取に同行した来美(くるみ)(中条あやみ)は、自衛隊と共に同じくショッピングモールに到着。一人になった隙に日本刀集団に拉致されてしまう! しかしそこで、響とすぐそこまですれ違い……!?
ワクチン開発を進める自衛隊駐屯地では、来美が拉致されたことを知った首藤(しゅとう)(滝藤賢一)が保護を命じていた。首藤が来美にこだわるのには実はある理由があるのだが……。
一方、佳奈恵たちはショッピングモールの地下で響が助けに戻るのを信じていた。しかし等々力(とどろき)(笠松将)は「あいつは人を裏切りますよ」と、冷めた様子。響と等々力の確執とは一体……。さらに、裏切られてもなお誰かを信じようとする佳奈恵たちを見た美亜(みあ)(芳根京子)は、苛立ちをあらわにする。
その頃、見張りの隙をつき仲間の救助に向かっていた響は坪井に遭遇! 坪井の行動の真意に迫ろうとするが……その時、自衛隊がショッピングモールに突入する! 坪井は逃げる時間を稼ぐため、地下のゴーレムたちを解き放つ! 響の仲間たちに迫る絶体絶命の危機!
最大の裏切りを見せた美亜や刀集団たち……彼らに隠された秘密とは?極限に追い込まれた人間たちの想いが絡み合う!果たして、響は仲間たちと共に無事ショッピングモールを脱出できるのか!? そして、来美と再会できるのか!?

(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.

<ここからネタバレ>
坪井もまた、自分を慕う仲間を守るために、必死の選択をしていた。その想いに訴え、協力しようと説得する響だが、極限状態で二人は再び袂を分かつ。仲間たちが待つ地下へ急ぐ響は、口輪をした一体のゴーレムに遭遇する! しかし、倒そうとした時、突然美亜が現れる! 恋人だった男のゴーレムを殺さないでほしいと懇願する美亜だが……。一度は裏切った美亜の言葉に揺れる響。だが、真摯な姿を前に、再び美亜を信じることに。美亜は先を急ぐ響に、“ゴーレムを操る魔法”を教える。
一方、来美は響の落とした指輪を持つ少女と出会い、響が近くにいることを確信。危険を顧みず、懸命に響を探す。二人の距離は、すぐそこまで迫っていた……!
そして、ゴーレムの群れに追い詰められた響の仲間には最期の時が迫る! 誰もが見捨てられたと諦めたその時……響が現れる! 美亜から、ゴーレムが炎を嫌うことを聞いた響は、松明を手に皆を先導する。そんな中、響は来美が呼ぶ声が聞こえた気がするが……。
時が経つにつれ、ショッピングセンターの中にはゴーレムたちが溢れていた。恋人の元に残った美亜は、今はゴーレムとなった男の口輪を外し、その手で悲しい最期を迎える……。
そして、出口に辿り着いた響たちは、自衛隊と鉢合わせる。自衛隊に殺された本郷(ほんごう)(大谷亮平)の姿が頭をよぎった等々力は復讐心に駆られ……! 次の瞬間、響の制止も間に合わず、等々力の放った矢は自衛隊員の胸に突き刺さる!
夕方—。何とか脱出した響は、生きた人間を手にかけた等々力が許せず、殴り飛ばす! 等々力は、響か自分、どちらかが抜けるしかないと仲間に選択を迫るが……! なんと響は、自ら仲間たちの元を去ることを選ぶのだった。
響の捜索を諦めきれない来美は、自衛隊に保護され無理やり駐屯地へと運ばれていた。響がテロリストではないことを主張する来美だが、見せられたのは弓矢で撃ち抜かれた自衛隊員の遺体! 来美は響を信じながらも、『背の高い男』が弓矢で撃ってきたと聞き、葛藤を抱える。
一方、仲間の元を離れた響は、一人静まり返った街で来美の名前を呼んでいた。しかし、返事が聞こえるはずもなく……。その時、響にゴーレムが襲いかかる! 逃げる気力もなく、噛まれそうになった時、現れたのは、ミンジュン(キム・ジェヒョン)、佳奈恵(かなえ)(飯豊まりえ)、紹子(しょうこ)(安藤玉恵)、結月(ゆづき)(横溝菜帆)、甲本(こうもと)(マキタスポーツ)! 仲間たちは等々力ではなく、響についていくことを選んだのだった。
その頃、一人になった等々力は、ある書き置きを見つけていた。それは、来美が響に宛てた『駐屯地にいます』というメッセージで……。
そんな中、駐屯地の研究室には、首藤、ジアン(玄理)、そして自衛官・三角(みすみ)(金井勇太)の姿が。首藤が響たちをテロリストに仕立て上げたのではないかと詰め寄った三角は、突然苦しみ出し……!! なんと手にしたコーヒーには、毒が盛られていた! 防犯カメラに映る響の姿を冷たく見つめる首藤。その目的は一体何なのか……?

【番組概要】
■タイトル 「君と世界が終わる日に」
■放送枠 Season1(全10話):2021年1月17日スタート 毎週日曜よる10時30分放送予定
Season2(全6話):2021年3月スタート Hulu オリジナル配信
■脚本 池田奈津子
■音楽 Slavomir Kowalewski A-bee
■主題歌 菅田将暉「星を仰ぐ」(Sony Music Labels Inc.)
■挿入歌 安田レイ「Not the End」(Sony Music Labels Inc.)
■制作協力 日テレ アックスオン
■製作著作 日本テレビ HJ Holdings,Inc.
(C)日本テレビ (C)HJ Holdings,Inc.