現役プロレスラー・武藤敬司&蝶野正洋本人役で『俺の家の話』に殴り込み

(C)TBS

TBSで、今夜10時から金曜ドラマ『俺の家の話』の第3話を放送する。長瀬智也主演×宮藤官九郎脚本というTBS連続ドラマで11年ぶりとなるタッグで描くのは、濃すぎる家族が織りなす、まったく新しい形のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーが、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の大黒柱として、次々と一家に降りかかる困難に立ち向かう。そして謎の女性介護ヘルパーを巻き込みながら、家族と一致団結し、一家をまとめていくというストーリーだ。

このたび、第3話に現役プロレスラー・武藤敬司と蝶野正洋のゲスト出演が決定した。本作にレギュラー出演している長州力同様、武藤と蝶野も本人役での登場となる。武藤と蝶野がTBSドラマに出演するのは共に『佐々木夫妻の仁義なき戦い』(2008年)以来で、13年振りとなる。

闘魂三銃士として故・橋本真也とともに1990年代のプロレス界を熱狂の渦に巻き込んだ武藤と蝶野。以降、30年以上もの間、日本のプロレス界を支え続け、プロレスファンのみならず多くの人々を魅了し続けている。そんな彼らが本人役として演じるのは、主人公・観山寿一の今後に関わるキーパーソン。能の道へ進むことを決心しながらも、プロレスへの思いを捨てきれない寿一に、プロレス界の重鎮3人が何を語るのか、・・・語らないのか。さらに、武藤・蝶野・長州の3人がみせる、コミカルなやり取りにも乞う期待!

(C)TBS

<武藤敬司コメント>
お芝居するのは初めてではないけれど、本作は大先輩・長州力がまさかの長州力役でいるので、大変やりづらい撮影現場でした。大先輩・長州力がNG連発で撮影現場に多大なるご迷惑をお掛けしていると噂で聞きましたので、後輩の私と蝶野で尻拭いをしに参加させていただきました。
ドラマは大変面白い内容になっておりますので、みなさん是非ご覧下さい! イヤァーー!

<蝶野正洋コメント>
「なぜ自分なんかがいるのか」(長州力談)
なぜ自分も長州さんと一緒にドラマ現場にいるのか。
長州さんとのドラマ共演は今回が初めてで不思議な感覚でしたが、楽しい収録現場でした。
主演の長瀬さんの試合シーンを見ていると、プロレスデビュー戦も近いんじゃないのかな。
プロレス業界から引っ張りだこになると思います。

■第3話あらすじ
観山寿一(長瀬智也)はさくら(戸田恵梨香)に借りた10万円を返すため、スーパー多摩自マンに扮してリングに上がる。試合を終え、急いで帰路につく寿一の元に、寿限無(桐谷健太)から一本の電話がかかってきた。それは、寿三郎(西田敏行)が廊下で転び病院へ運ばれたという内容で、寿一は慌てて病院に駆けつける。
自分が目を離した隙の出来事に言い訳できない寿一は、さくらや踊介(永山絢斗)、舞(江口のりこ)からの追及にただ謝ることしかできなかった。
そんな中、寿三郎は残りの人生を楽しむため、さくらとエンディングノートを作る。
エンディングノートから父の願いを知った寿一は、家族に内緒である決意をし・・・。

■番組概要
[タイトル]金曜ドラマ『俺の家の話』 第3話
[放送日時]2月5日(金)よる10:00〜10:54
*提供画像 (C)TBS