「恋ステ」イケメン高校生・ゆきとが大胆にバックハグ!からの…視聴者も悶絶した攻めのアプローチ

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」が、2021年2月2日(火)夜10時にオリジナル恋愛リアリティーショー『恋する週末ホームステイ 2020冬 Tokyo』(以下、『恋ステ』)の第7話を配信した。

『恋ステ』は、遠く離れて暮らす地方の高校生たちが、3週間限定で週末だけ上京し、 東京でのホームステイを行う恋愛リアリティーショー。限られた時間の中で、東京の最新デートスポットを楽しみながら仲を深め、恋に落ちていく様子を追いかける。最終告白前日、9人全員で最後に過ごす夜に、メンバーはそれぞれ意中の相手と夜景を見に出かける。

■最後の夜、ふだん料理をしないリリカがサプライズで手作りクッキーを渡した相手とは…?
第6話で、女子が気になる男子に電話をする中間告白にて、意中のリリカから電話をもらったA夏目は、最終告白前夜にリリカをデートに誘い、ラストスパートをかける。「渡したいものがある」と切り出したA夏目は、自作曲を収録したCDに、手描きのリリカの似顔絵を添えてプレゼントしました。リリカのためだけにつくられたプレゼントに、「世界に一つしかないってこと!?」とリリカも大喜び。それに応えるように、リリカは「20秒だけ目つぶっといてくれへん?」というと、A夏目だけに手作りクッキーをお返し。リリカは「普段料理しないから、苦戦した」とはにかむが、予想外のサプライズプレゼントをもらったA夏目は「時間かけてくれたの?最強にうれしい」と笑顔をこぼし、「リリカが好きな人間になりたいと思っている」という想いと、ラッパーとしての大きな野望をまっすぐに伝えた。

■A夏目とリリカの仲睦まじそうな様子に嫉妬するゆきと「俺も頑張んないとな…」
続いてリリカとの2ショットデートをしたゆきとは、A夏目とリリカの会話内容についてしきりに気にする様子を見せる。デートの前に、リリカが「旅を通して一番楽しかったのは、A夏目とデートしたアクアリウム」と答えたことに対して、「ショックだった。俺も頑張らないとな…」と嫉妬する様子も。その後、写真を撮ろうと誘ったゆきとは、自撮りをするリリカをバックハグし、照れまくるリリカをさらに正面からぎゅっと抱きしめる。A夏目に対抗するかのような男らしい積極アプローチに、視聴者からも「おいおいやるなあ!」「ズキュンすぎる!!」と興奮する声が集まった。「強気に、爪痕を残したかった」と最終日に自分が出来る限りのアプローチをやり切ったゆきと。最後にリリカが心を決めるのは、一体だれなのか…?

最終告白直前、それぞれの夜を過ごしたメンバーたち。サプライズでアルバムを作ってきたりょうせいは、「これからも想い出のアルバムを作っていきたい」とセイカに想いを伝え、着実に距離を縮める。一方、「りほとの最終日の2ショットが1番楽しかった」と語ったりおの心は、2ショットデートを経て、りほに傾いているのか? 次週はついに、最終回。それぞれの想いが最後まで交差し、予想がつかない恋模様の決着を、お楽しみに。

▼ABEMAビデオ:第7話「バックハグ、だけじゃ終われない」
https://abema.tv/video/episode/90-1464_s16_p1007

■ABEMA『恋する週末ホームステイ』 番組概要
お笑いコンビ・おかずクラブのゆいPさん、Da-iCEの工藤大輝さん、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの長谷川慎さんがスタジオMC務め、高校生たちの恋を応援する『恋ステ』は、熊本男子・A夏目(高校3年生)、愛知男子・いっせー(高校2年生)、埼玉男子・ゆきと(高校1年生)、大阪男子・りお(高校3年生)、北海道男子・りょうせい(高校2年生)、富山女子・セイカ(高校2年生)、山口女子・さゆり(高校3年生)、宮崎女子・りほ(高校2年生)、兵庫女子・リリカ(高校3年生)の9人が参加。美男美女の高校生たちが、憧れの東京でのデートスポットで繰り広げる、トキメキと胸キュンが止まらないピュアな恋愛模様が見どころです。

※提供画像 (C)AbemaTV, Inc.