小南光司 初デートは“モルック”をやりたい!

品川区のウォーターフロント・天王洲で生まれ育った幼馴染の2人の恋物語を描いた、東京23区内初の“オリジナルTwitterドラマ”『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』の完成報告会が2日、品川区のキネカ大森で行われ、W主演の越智ゆらのと小南光司、川野浩司監督が登壇した。

このドラマは品川区のウォーターフロント・天王洲で生まれ育った幼馴染の優希(ゆき)と一つ年上の武流(たける)が、初恋の思い出として「10回デートをする」という恋物語。作品は2月5日の18時から、公式Twitterアカウントで配信される。

MCに配信を間近に控えた気持ちを聞かれ越智は「撮影しているときはどんな作品になるんだろうと思っていたが、完成したものを見て映像も含め、品川区の景色も本当に魅力的な作品になっていた」とコメント。小南は「Twitterドラマは見た事がないので、自分が出た作品が初めて、Twitter上でどのように広がっていくのか楽しみだし、ダイレクトに感想とかがでるので、それが凄くドキドキしてる」と緊張気味の様子。

また、撮影を通じて発見した、品川区の魅力などについて越智は「ビルやオフィスだったりで、かたいイメージが強かった、今回、品川区の色々な場所で撮影させてもらって、すごくあたたかみのある場所だなっと印象が変わった、改めていろんな地を廻りたい!」とコメント、小南も「新幹線とビルのイメージだったが、商店街だったり人間味あふれる場所が多かったので、そのギャップが凄かった。“ほんわか”しました」と2人とも最初のイメージとはガラッと変わっている様子。

MCからの、小南さんだったら初デーはどこ?の質問には、「品川区は公園が多くて、子どもたちが結構遊んでいる場所があった……僕は最近モルックにハマっているので、初デートはモルックを持って行ってやりたい」と明かした。

最後にスペシャルゲストとして、しながわ観光大使・シナモロール(シナモン君)が登場。これには越智も小南も大興奮! シナモン君からお祝いと言うことで、越智に花束が贈呈された。越智は「シナモン君に会うのは、サンリオピューロランドでしか会ったことがないので、わざわざ来て頂けるなんて思ってなくて凄く嬉しです」と笑顔でコメントした。

【Twitterドラマ『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』】
<ストーリー>

ビー玉越しの君に、“恋”をした。
品川区のウォーターフロント・天王洲で生まれ育った幼馴染の優希(ゆき)と一つ年上の武流(たける)。子どもの頃からずっと好きだった武流に想いを伝えられないまま大学4年生になった優希は、ある事情から品川区を離れなければならなくなる。その前に、武流とデートをして初恋の思い出を残したい優希は、10年前に交わした約束を果たしてもらうことを口実に、武流と「10回デートをする」という約束を取り付ける。
子ども時代の思い出の場所を歩いたり、武流のオススメスポットに出かけたり。デートを重ねて、だんだん距離が縮まっていく2人だったが―――。

<クレジット>
■出演:越智ゆらの 小南光司  土屋りほ 数井琥恩 松岡里英
■監督:川野浩司 ■脚本:吉田なが乃 ■撮影:村橋佳伸 ■照明:山口峰寛 ■録音:阪口和 ■ラインプロデューサー:浅木大 
■助監督:小南敏也 ■衣裳:手塚勇 ■ヘアメイク:石山美子 ■スチール:江口美穂 ■宣伝:祭屋
■プロデューサー:佐々木圭介 久保和明 ■企画:藤田晃 ■総合プロデュース:東京テアトル 制作プロダクション:レオーネ
■協力:しなロケ(品川区フィルムコミッション) ■製作:品川区 
●公式Twitterアカウント:@hatsukoi_bdama
●しなロケサイト:https://shinagawalocation.jp/