「さんま御殿」 芸能界最強のネガティブ軍団が集結!

(C)NTV

2月2日の「踊る!さんま御殿!!」にて、「超ポジティブVSネガティブ 大激突SP」を放送。ポジティブなアンタッチャブル、島田珠代、高橋尚子、武井壮、生見愛瑠と、ネガティブな木下ほうか、さくらまや、島崎遥香、手塚とおる、吉住が、互いに相容れない考えをぶつけ合った。

「人に理解してもらえない私のポジティブ・ネガティブな言動」というトークテーマでは、初登場の俳優・手塚とおるが冒頭から「僕のこと好きな人なんか誰もいない」とネガティブ発言。憎まれ役が多いだけに、電車でとある辛い目に遭ったことを嘆く。一方、オリンピック金メダリストの高橋尚子は、オリンピック後、体重が増えた際に「そんなに太って楽しいですか?」などの心無いバッシングが多数あったそう。しかし高橋はそれらの言葉を「精神を鍛えるための勉強」と“ポジティブ変換”していたことを明かす。

(C)NTV

恋愛トークになると、弱冠22歳のさくらまやが「恋愛という機能が働いていない」「恋愛って楽しいものなんですか?」と言い出し全員驚愕。島崎遥香も「彼氏を作るメリットがわからない」と、収入などがわかるマッチングアプリが気になっていることを告白。「自分より稼いでいるほうがいい」など現実的な恋愛観を語る。
(C)NTV

自らを“ポジティブの頂点”と自負するアンタッチャブル柴田は、「自分が楽しいときは周りも楽しいと思っていた」と、これまで周囲の人たちを散々振り回してきた“悲惨エピソード”を披露。これには手塚が「よく気づいてくれました」と思わず拍手。さらにアンタッチャブルの後輩で、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」優勝の女芸人・吉住も、「後輩が振り回されている」と、アンタッチャブル2人が後輩たちの人生を左右する重大なことをノリで決めてしまっていると訴える。
(C)NTV

先のことばかり心配するネガティブな人たちの意見に、めるるは「頭がいい」と感心。「先のことは考えられない」というめるるは、「外に傘を持っていかない」と明かすと、その理由としていきなり哲学的な言葉を連発。「雨にもメリットがある」とポジティブすぎる自論を展開する。

「どうにも仲良くなれないポジティブ・ネガティブな人」というテーマに入ると、最初のトークを担当するはずの手塚がなぜか不在!「嫌になっちゃったの?」「帰った!?」「ポジティブな人とはいられない?」「椅子になっちゃった?」と全員大騒ぎ。果たして手塚はどうしてしまったのか!?

(C)NTV

また、島崎がAKB48時代を全否定するような衝撃発言を連発! AKB48のポジティブな歌をまったく理解していなかったことを告白。さらには同グループの初代総監督で、常にポジティブにメンバーを励まし続けていた高橋みなみの名言にも「ほんとに響かなくて」と口にする。そのほか、「芸能界」や「宝くじ」などについて、ポジティブ勢とネガティブ勢が意見を戦わせる場面も。ぜひお見逃しなく。

■番組公式HP https://www.ntv.co.jp/goten/
(C)NTV

(C)NTV