内藤剛志 主演ドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕」好調キープ!

(C)テレビ東京

テレビ東京で毎週金曜日8時から放送している、金曜8時のドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕」が、1月15日に放送された初回2時間スペシャルの番組平均視聴率が世帯:9.8%、個人:5.5%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)した。

金曜8時のドラマ枠の初回で世帯視聴率が9%超となるのは2018年に同枠で放送された「駐在刑事」(10.1%)以来。個人だと初回で5%超となるのは2017年に放送された「三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~」(5.1%%)以来、という好発進となった。

先週の第3話でも世帯:9.1%、個人5.0%と視聴率をキープ!第3話で5%を超えたのは、15年度4月クール「三匹のおっさん2」以来となる。

(C)テレビ東京

【第4話みどころ】
公園の植込みから岡田宏(工藤宏二郎)の遺体が見つかる。岡田は10日前、投資コンサルタントの平野(山崎一)を殺し、500万円と一億円相当の金貨を奪い逃亡。全国に指名手配されていた。岡田を追っていた神奈川県警の梶山(大友康平)は500万が見つからないことから、妻の深雪(北原里英)に疑いの目を向けるが、樋口(内藤剛志)は梶山の捜査方針に納得できず、深雪から岡田は自身の無実を証明してくれる人物に会いに行ったという話を聞き…。

【警視庁強行犯係 樋口顕】
2021年2月5日 金 夜8:00~8:54 
【同時放送】
TX・TVO・TVA・TSC・TVh・TVQ
(C)テレビ東京