加藤シゲアキ『オルタネート』が第42回 吉川英治文学新人賞にノミネート!

(C)新潮社

昨年11月に新潮社より発売された、加藤シゲアキの最新長編『オルタネート』が「第42回 吉川英治文学新人賞」候補作品に選ばれたと、講談社から発表された。

加藤さんといえば、2012年1月に『ピンクとグレー』(KADOKAWA)で、小説の世界に鮮烈なデビューを果たすと、以降、「NEWS」メンバーとしての芸能活動の傍ら、作家としても活動を続け、数々の話題作を世に送り出してきた。

そんな加藤の3年ぶりの新作長編となる『オルタネート』は刊行直後から話題を呼び、発売から5日目にして緊急重版する事態に。昨年12月18日に本作が第164回直木賞にノミネートされたことが発表されると、あらゆるメディアからの取材が殺到。1月5日に累計10万部(5刷)のベストセラーを記録した。1月21日には「本屋大賞」に初ノミネートされるという報も飛び込み、アイドルが「直木賞」「本屋大賞」に初めてノミネートされるという歴史的な快挙が続いたことを受け、新潮社はさらなる重版を決定。現在までに累計13万部(6刷)を記録している。

第42回吉川英治文学新人賞は2020年1月1日から12月31日までに、新聞、雑誌、単行本等で優秀な小説を発表した作家の中から、最も将来性のある新人作家に贈呈される賞で、過去には和田竜『村上海賊の娘』(第35回)、辻村深月『ツナグ』(第32回)、柳広司『ジョーカー・ゲーム』(第30回) 佐藤多佳子『一瞬の風になれ』(第28回)など、数々の話題作が受賞している。もちろん、アイドルがノミネートされるのは、賞の創設以降、初めてのこと。

なお、選考会は3月2日(火)に都内にて行われる予定。

<加藤シゲアキ コメント>
直木賞、本屋大賞に続いて、吉川英治文学新人賞にまで候補にしていただけたこと、大変嬉しく思っております。
直木賞、本屋大賞と同じく、予期しないお知らせに驚きと喜びが同時に押し寄せ、ありがたい戸惑いを噛みしめています。
吉川英治文学新人賞はエンタメ性に優れた作品が多い印象ですので、自分の著作も仲間に入れてもらえたのかなと思うと、感慨もひとしおです。
選考会まではまだ時間がありますが執筆へのエールと受け取り、緊褌一番、次作へ取り組みたいと思います。

(C)新潮社