津田寛治主演『ラーメン刑事』 ラーメン×刑事が“対麺”する、異色のグルメドラマが誕生!

(C)日活・チャンネルNECO

日活株式会社が運営するCSチャンネル「映画・チャンネルNECO」で、2021年2月27日(土)23:30より、津田寛治主演のオリジナルドラマ『ラーメン刑事』を放送する。本作は、ラーメン×刑事の異色の掛け合わせが癖になる、新しいグルメドラマだ。

日本を代表する名バイプレイヤー・津田寛治が演じる主人公・本郷台泰介(ほんごうだいたいすけ)は、ラーメン好きの刑事。長年の捜査で培った勘を頼りに事件を解決する傍ら、好物のラーメン選びにも刑事の勘が活かされる。いざラーメン屋に入店すれば、メモを片手にその“美味さ”を徹底分析するという、刑事ならではの視点で描かれるストーリーだ。

本編内に登場する店舗は、ラーメン好きも唸る実在の名店!名優×名店の“対麺”シーンにも注目いただきたい。実は本作、警察歴30年の元神奈川県警刑事・小川泰平の刑事人生と、こよなく愛するラーメンとのエピソードに着想を得て生まれた作品。ドラマパートの後には、小川自身が店を訪れ、本郷台が解き明かせなかったラーメンの謎に迫っていく。

(C)日活・チャンネルNECO

<津田寛治 コメント>
本作はグルメものであり、刑事ドラマでもあります。ラーメン×刑事という組み合わせの面白さ、相性の良さも魅力ですし、両方をきちんと掘り下げて今までに類を見ない切り口のドラマになっています。特に刑事パ―トは、長年刑事役をやってきた僕でも「こういう刑事ドラマの描き方もあるんだ」と唸るようなリアルで新鮮な描写があります。
ラーメンを食べるシーンは、美味しくいただくことを意識しましたが、ラーメンがとても美味しかったので、自然とうまく表現できました(笑)。“名ラーメン店の大将がラーメンを作る過程”も描写していますので、ラーメン店の裏側を覗く楽しみもあります。会話の掛け合いも魅力的な脚本なので、後輩刑事・喜多方との芝居にも注目していただけると嬉しいです。

【登場するラーメン店】

#1<目黒・かづ屋>
上品なスープが特徴の醤油ラーメン。こだわりのチャーシューと、店内の製麺室で作られる自家製麺が絶品。

(C)日活・チャンネルNECO

#2<日暮里・麺酒処ぶらり>
見た目はこってり、食べるとあっさりのスープが魅力の鶏白湯ラーメン。2年連続でミシュランのビブグルマンに選ばれた名店。
(C)日活・チャンネルNECO

『ラーメン刑事』 放送情報
■タイトル:ラーメン刑事
■出演:#1【目黒・かづ屋編】:津田寛治 篠田諒 松林慎司 大高洋子 卯ノ原圭吾 小川泰平
#2【日暮里・麺酒処ぶらり編】:津田寛治 篠田諒 松林慎司 中條サエ子 宮原理子 小川泰平
■内容:津田寛治がラーメン好きの刑事・本郷台泰介役を熱演!元神奈川県警刑事・小川泰平の30年の刑事人生とこよなく愛するラーメンとのエピソードに着想を得た、異色のラーメン×刑事ドラマ。第1話に登場するラーメン店は王道支那そばの名店、目黒のかづ屋。第2話はミシュランのビブグルマンにも選ばれた名店、日暮里・麺酒処ぶらりの鶏白湯らーめんが登場。
■初回放送:#1【目黒・かづ屋編】:2月27日(土)23:30~ :#2【日暮里・麺酒処ぶらり編】:3月6日(土)23:30~
詳しくは、映画・チャンネルNECO公式サイトwww.necoweb.com/neco
公式Twitter https://twitter.com/ramendeka_neco
*提供画像 (C)日活・チャンネルNECO