「さんま御殿」女子アナ VS ヘタレ男子、ヘタレ男子に女子アナ軍団ドン引き!

(C)NTV

1月26日の「踊る!さんま御殿!!」にて、「勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP」を放送。市野瀬瞳、大島由香里、鷲見玲奈、本仮屋リイナ、吉川美代子の勝気女子アナ勢と、尾上右近、後藤拓実(四千頭身)、中岡創一(ロッチ)、中村俊介、野田ちゃんの気弱男子勢のトークが繰り広げられた。

「この人ないわ~と思う異性の言動」というトークテーマでは、大島が「男性のほうが悪いのに話し合いで被害者ヅラをする」と苦情。男性陣は「追い込んでる。取り調べの下手な刑事!」(さんま)、「シュンとする権利を奪わないでほしい」(中岡)など必死の抵抗を試みる。本仮屋や鷲見らからの食事や料理に関する文句には、男性陣が言い返そうとするも返り討ちに。そこで、大晦日放送「おもしろ荘2021新年SP」で注目を浴びた、芸歴22年45歳の若手芸人・野田ちゃんが、初登場ながら「料理作ってくれるのはうれしいけど」と前置きし、「○○するのは嫌だ!」とキッパリ。さんまは「俺が65年間口が裂けても言わなかったこと」と野田ちゃんの勢いに苦笑してしまう。

(C)NTV

話は吉川のデートエピソードに。誕生日にタクシー代を払わなかったケチな男への愚痴で「収入のない芸人さんだったらこちらが払う」と口にしたことから、さんまが野田ちゃんと吉川の間を取り持つ流れに。番組後半には野田ちゃんがさんまに「今はもう僕の女なので、さんまさんあんまりイジらないでくださいよ」と注意するまでに。野田ちゃんと吉川の“まさかのカップル”が誕生するのか。2人のトークの流れにご注目を。

尾上はLINEのやりとりで、「文章に『。』や絵文字がない人は『ないな』と思う」と告白。これに女性陣が「入れないときは全然ある」「仲がよければ使わない」と反論すると、さんまは「うそ⁉」とビックリしてしまう。普段から「!!」などのマークをよく使っているというさんま。すると、女性陣から「おじさんLINE」「おじさん構文」という言葉が。「!!」の多用や文中での絵文字の使い方など、おじさんならではのLINEが今ネットで話題になっているという。これに完全に当てはまってしまったさんまは愕然となる。

(C)NTV

また、市野瀬は局アナ時代、とある“ひねくれた”共演者から散々嫌味を言われ続けてきたと暴露。すると、「その人の本を買った」などの様々なエピソードから、それが超人気芸人であることが判明する。中岡やさんまらから「そんな人じゃない」「君のこと好きなんじゃない?」など揶揄される芸人とは……。

トークテーマ「私がつい異性をチェックしてしまうポイント」では、後藤のチェックポイントに女性陣全員ドン引き。「あなたのお母さんじゃない」と一喝されてしまう。大島はカラオケで「どうしてもモヤモヤしてしまう」というチェックポイントを列挙。大島曰く“リンダリンダ片付け男”“ラルクネチ男“とは果たしてどういう男性なのか。

そのほか、オープニングでは市野瀬の「今別居中で。いろいろあってどうしようかと思っている」という問題発言にスタジオ中がザワザワ。バツイチの大島が「この番組でいろいろ言うと大変」と諫める場面も。

(C)NTV

出演者
<司会> 明石家さんま

<ゲスト> (※50音順)
【勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP】
市野瀬瞳
大島由香里
尾上右近
後藤拓実(四千頭身)
鷲見玲奈
中岡創一(ロッチ)
中村俊介
野田ちゃん
本仮屋リイナ
吉川美代子

■番組公式HP https://www.ntv.co.jp/goten/
*提供画像 (C)NTV