田中みな実 TBS入社当時は“つぶして”いた!

20日、オンラインで「PEACH JOHN 2021 年新ブランドミューズ発表会」が行われ、PEACH JOHNの新ミューズに就任したフリーアナウンサーの田中みな実が登壇し、意気込みやバストメイクの秘訣を語った。

ブランドミューズに選ばれたた気持ちを聞かれ「率直に嬉しかったです、私で務まるのだろうかと不安もありつつ、せっかく選んでいただいたからには、大役をしっかり全うしたいと思います」と意気込んだ。

ピーチジョンの下着を以前から着けられていたんですか?の質問には「初めては学生の頃に……高校の頃、ピーチジョンのカタログが教室に一冊あり、皆でボロボロになるまで見ていた」と、憧れの下着だったと話した。

また、中学生の頃はクラスではスポブラと、ちゃんとブラジャー着けてる子と半々ぐらいだったそうで、体育の授業で着替える時にブラジャーしてる子は「大人だな!」と思ったのが印象的だったと明かした。「私は中学2年生ぐらいからかな…母に『私もブラジャーを着けたいなぁ』って恥ずかしいけど言った覚えがある」と当時を振り返った。

2009年に田中は社会人になり、入社3年目くらいまではバストを小さく見せようと思っていたそうで、「ピーチジョンの“さらしブラ”で(バストを)つぶそう……、見せたくない!っていう気持ちがあって、バストがコンプレックスだった」と明かした。因みに、田中は中学時代から(バストが)気になると思っていたが、フリーランスになって、身体を見せる仕事をして、ようやく脱皮できたと話した。

美しいバストを手に入れるには?の話題になり田中は「ビューティー誌などで『おっぱいまでが顔』って言っていたりするんですけど、スキンケアするときにバストまで一連でケアする」と秘訣を明かしていた。