アインシュタイン稲田直樹がPOLAとローラをかけた渾身の一発芸を披露!

18日、POLA中京エリアのショップオーナーマネージャーやビューティーディレクターとして働く皆さまの、2020年の努力を労い讃える「中京エリア感謝の会」がZOOMで開催され、よしもとのお笑いコンビ・アインシュタインの河井ゆずると稲田直樹が参加して感謝の会を盛り上げた。

約2万人のショップオーナーマネージャーやビューティーディレクターが見守る中、元気よく現れた河井と稲田。さっそく稲田が「僕たちアインシュタインと申しまして、見ての通り一卵性双生児でコンビやってます」とボケ、河井に「どこが双子や!被ってるところが、ひとつもない」とつっ込まれる。さらに稲田は、昨年行われた、よしもとブサイクランキングでの話を持ち出し、2位のEXIT・りんたろー。が3万票で、自身はなんと16万票でぶっちぎりで優勝したことを明かした。そんなアインシュタインの2人は「ブサイクで16万票あつめた男にポーラさんイベントに呼んでいただいて……」と感慨深げ。

カッコいバントマンになりたい!というネタを披露した後の質問コーナーでは、元日に放送された「芸能人格付けランキング」の件になり、MCから「ホントに仕込みナシなんですか?」と聞かれ河井が「本番まで何するかも知らされないです!」と明かし、稲田は「チームだから、うやむやになってますけど、実は僕、全部外してるんですよ(笑)」とぶっちゃけた!

また、「コンプレックスを克服するにはどうすればいいですか?」の質問に稲田が「いやぁ冷え性が凄くて、辛い季節です」とボケ、河井に「そこか!」とつっ込まれるも、「まずは自分を愛すること」と答え、そのポジティブさにMCを唸らせた。因みに自分の愛せるところは“鼻”だそうだ。

河井には「なんでそんなにカッコいいんですか?」と質問が飛び「僕は肌がそんなに強くないので、肌に合った化粧水をつけたり、ジャンクフードを食べないとか、それと……いっぱい恋をすることじゃないですか!」とオチを付け答えたが、稲田からの「フー!」の冷やかしでスタジオは凍り付いた。

しかし、「ポーラで使える一発芸を教えてください」の質問に、稲田がタレントでモデルのローラに真似て、OKマークを手で作り「ポーラだよ!」と渾身の一発芸を披露し、スタジオの爆笑をさらった。

最後に日頃の美容についての話になり、稲田が最近教えてもらったそうだが、「シャワーや洗顔の後に、タオルで皮膚が擦れるのを避けるため、顔を拭かないで、化粧水とかを付けるんですけど、これ、合ってますか?」とMCに質問、すると「ちょっとポーラではオススメはしてないですね……」との答えにアインシュタインの2人は爆笑! 稲田は「ジャルジャルの福徳君に嘘を教えられた!」とガッカリしていた。