内藤剛志主演ドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」世帯視聴率9%超えで好発進

(C)テレビ東京

テレビ東京で、金曜8時のドラマ枠で「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」を放送中。警察小説の名手・今野敏の原作をドラマ化した「警視庁強行犯係 樋口顕」シリーズは15年以上にわたりスペシャルドラマとして9作放送され、ついに待望の連続ドラマ化となった、テレビ東京の正統派ドラマを代表する骨太な作品だ。

そして、その1月15日に放送された初回2時間スペシャルの番組平均視聴率が世帯:9.8%、個人:5.5%を記録!(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。テレビ東京として金曜8時のドラマ枠の初回で世帯視聴率が9%超となるのは2018年に同枠で放送された「駐在刑事」(10.1%)以来。個人だと初回で5%超となるのは2017年に放送された「三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~」(5.1%)以来、という好発進となった!さらに、日曜ミステリー枠にて1月10日(日)、17日(日)と再放送された同スペシャルドラマシリーズ「聖域」は世帯8.6%、個人:4.6%、「回帰」は世帯:7.4%、個人:3.8%とこちらも高視聴率を記録するなど、シリーズを通して人気となっている(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

放送された新シリーズの第1話はダークヒーロー「ジャスティス」が出現。「ジャスティス」が起こす連続殺人事件に内藤剛志演じる警視庁強行犯係・樋口警部が挑み、樋口警部の娘・照美にも魔の手が迫り…というストーリー。Twitterなどでも「やっぱり内藤さんの刑事ドラマは抜群!」「初回から内容が濃すぎて驚愕!」「重い内容なのに温かい気持ちになる…」など様々なご感想が寄せられた。

(C)テレビ東京

【1月22日(金)放送 第2話「蹉跌(さてつ)」あらすじ】
廃ビルから、進学塾講師・杉山(若林久弥)の刺殺体が見つかる。杉山は近くの路上で若い男と口論の末、刺されていた。樋口(内藤剛志)班の調べで、加害者は村上颯太(今井悠貴)という杉山の元教え子だと判明。樋口は生活安全課の氏家(佐野史郎)と捜査を開始。村上が慕っていた予備校講師・笠井裕一(忍成修吾)に話を聞くと、村上は杉山を怖がっていたと打ち明ける。そこに東洋新聞記者・遠藤貴子(矢田亜希子)に出くわし…。

金曜8時のドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」ファンミーティング

番組概要
【番組名】 金曜8時のドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」
【放送日時】 毎週金曜 夜8時~8時54分放送中
【放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
【出演】 内藤剛志 矢田亜希子 逢沢りな 佐野岳 片山萌美 小松利昌 斉藤暁 川上麻衣子
榎木孝明 佐野史郎
【ゲスト】 第2話:今井悠貴 忍成修吾 若林久弥 高崎翔太 春風亭昇太
【製作】 テレビ東京 ユニオン映画
*提供画像 (C)テレビ東京