未来人が緊急提言!「ニッポン遅れてるヨ」世界の“最先端”を学んで“未来”を救え!

(C)CBC

TBSで、1月30日(土)午後2時から『未来人からの提言 ニッポン遅れてるヨ』を放送する。経済、社会、文化・・・、さまざまな分野で実は日本は世界から遅れをとっている!? この番組は未来からきた“未来人”たちが、「このままじゃニッポンはヤバイことになっちゃうよ!」と日本の現状に警鐘を鳴らし、日本を救うため、世界の最先端事情を熱くプレゼンするSF情報バラエティ。

MCは山里亮太(南海キャンディーズ)、パネラーには柴田英嗣(アンタッチャブル)、生見愛瑠に加え、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏、SF作家の小川哲氏を迎える。彼らにプレゼンする“未来人”は、春日俊彰(オードリー)、ちゅうえい(流れ星)、サーヤ(ラランド)、鬼越トマホークが務める。

「未来では、ニッポンが世界有数の犯罪国家になっているかも!?」「水を求めてニッポン全土で争いが起こる!?」「ニッポンが世界で唯一“死”のある国に!?」。そんな知られざる危機を救うため、スタジオで未来人たちが紹介するのは、身体に〇〇を埋め込む人たち、ブッ飛び最新交通手段、医療の限界を超えたトンデモ技術など、驚きの映像の数々! さらに、10年後のお笑い界を支えるかもしれない「お笑い第9世代」芸人も登場! 柴田も「一番のみどころ」と語るお笑い第9世代とはどんな人物なのか。そして、未来人たちが紹介する“最先端事情”とは?

知ればニッポンの未来が変わる!? SF情報バラエティ『未来人からの提言 ニッポン遅れてるヨ』に注目だ。

■コメント
<MC・山里亮太>

「日本が遅れてる」って聞くと、入口からちょっとネガティブな感じに聞こえますけど、「どう遅れているか」なんです。遅れているって言うからには「じゃあ、ほかの人たちは何が出来ているんだ?」で出てくる具体例が、本当にいろいろ気づかされることばっかりで。僕は、これは「遅れてる」っていうネガティブな意味じゃなくて、伸びしろの確認というか、「あ、これだけすごいと思っている日本が、まだすごくない」っていう考え方をすることで、「え? もっと未来にワクワクしていいんだ」っていう気持ちになれる、そういう番組だなと思いました。そして、今までにないプレゼンターのシステムをとっています。そこにもぜひ注目していただけたらなと思います。

<パネラー・柴田英嗣>
先進国と言われている日本、まあ、ある意味では進んでいるのかもしれませんが、ある意味では、世界から見ると非常に遅れを取っている・・・。皆さん、その辺をふまえて、どんな未来になるのか、お楽しみに! そして、一番のみどころは、最後のパートの「10年後のお笑い」です!

<パネラー・生見愛瑠>
番組の収録が始まる前は、本当に「日本は遅れてない」って思っていたのに、終わってからは「確かに、ちょっと遅れてるのかも?」と思うぐらいです。しかも、その遅れている部分が驚きいっぱいで、たぶん、何回も放送を見ちゃうぐらい面白いと思うので、ぜひ見てください!

■番組概要
[タイトル]『未来人からの提言 ニッポン遅れてるヨ』
[放送日時]1月30日(土)午後2:00~3:24
製作著作 CBCテレビ
*提供画像 (C)CBC