ぺこぱ・松陰寺「献血は不要不急にあたらない」など、名言を連発で呼びかけ!

日本赤十字社が1月12日、都内で、令和3年「はたちの献血」キャンペーンキャラクターに就任したタレント・女優の山之内すずと、お笑い芸人ぺこぱのシュウペイ、松陰寺太勇を迎えて、令和3年「はたちの献血」キャンペーン記者発表会を開催した。

MCから、山之内にキャンペーンキャラクターに就任した感想について聞かれると、「はたち代表として選んでいただいて光栄です。若い同世代の方と一緒に献血について知っていけたらと思います」と笑顔で意気込みをコメント。また、シュウペイは「素直に嬉しかったですし、錚々たる方々が就任されているので、その名に恥じないように盛り上げたり、メッセージを伝えられたらと思います」、松陰寺は「自分の血液が…誰かのためになることは…悪くないだろう」とギャグを交えながら、真剣に答えた。

また、CMで“献血妖精”になった姿が印象的だった、ぺこぱの二人にCM撮影時の思い出について聞かれると、シュウペイは、「撮影自体はめちゃくちゃ楽しく行わせていただいたんですけど、最初に現場に入った時に堅い雰囲気だったので、ドッキリかな?と一瞬疑いました(笑)」と、会場の笑いを誘った。

また、近年若年層の献血への協力率が下がっていることに話が及ぶと、今年二十歳になる山之内は「若い世代はまず知識がないというのが大きな原因なのかと思っていて。私もそうなんですけど、ちょっとハードルが高いというか…。このCMをきっかけにちょっとでも興味を持っていただきたいです。周りの友達とか、身近な人から広めていければと思います!」と、同世代としての気持ちを話した。またシュウペイは「献血に行こう!と広めていきたいです。どうしたらいいかわからないと思うんですけど、僕たちを通じて広げていければと思います」と答え、松陰寺は「このご時世だからこそ、きっと必要な人もいると思うし、献血は不要不急にあたらないと思うので、ぜひ献血に行ってほしいです」と、キャンペーンキャラクターとしての思いを語った。

最後に、献血に対する想いやメッセージを聞かれた山之内は、「若い世代(はたち)の代表として、これからも献血について学んでいけたらと思います。少しでもたくさんの方に興味を持ってもらえるように、足を運んでいただけるように、私も精一杯広めていけたらと思います」とイメージキャラクターとしての決意をコメント。シュウペイは「献血を通じて色んなことを知ることは大事ですし、クイズであったような内容についてまだ知らない方も多いと思うので、僕らがどんどん発信したり、先頭を切ってこれからどんどん皆さんにも足を運んでもらいたいなと深く思います」、松陰寺は「献血に行くことがあたりまえの世の中になれるように、僕も協力していきたいと思う。僕が赤い服を着ている日には、ぜひ皆さんに考えてほしいなと思います」と、キャンペーンキャラクターとしての意気込み、イベントを締めくくった。