ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」連載 新春特大号には“世界一クリエイティブな犬種”が登場!

(C)クリエイターズファイル

KADOKAWAが発行する『月刊ザテレビジョン』2021年新春特大号(12月16日水曜日発売)では、秋山竜次(ロバート)がさまざまなクリエイターに扮する人気企画「クリエイターズ・ファイル」の連載第12回を掲載。今回取材するのは“世界一クリエイティブ”とされる犬種の大型犬、ロルフくん(6歳)を飼うご夫妻。高い知能を誇るロルフくんとのスローライフとは。

「クリエイターズ・ファイル」は、お笑い芸人・ 秋山竜次(ロバート)扮するさまざまな分野のクリエイターにインタビュー取材を行う連載企画。 2015年4月に企画開始、これまで60人以上のクリエイターを紹介してきた同企画が、2020年1月より「月刊ザテレビジョン」に移籍。誌面も「月刊ザテレビジョン」に合わせたA4ワイド版に拡大し、さらにパワーアップしている。

今回は、世界一クリエイティブな犬種とされるハンプシャー・クリエイティブ・グランドホーマンの男の子・ロルフくん(6歳)と、飼い主の名取さん夫妻を取材。ロルフくんの驚くべき知能は、さまざまな食材の中からカレーの具材を当てる動画で一躍有名になったが、飼い主の奥様曰く、今ではカオマンガイや韓国の軍隊鍋の具材も当てられるようになったという。メディアプロデューサーやサウンドアレンジャーなど、不思議とクリエイティブな職業の人にはおなかを見せがちだというロルフくん。世界一クリエイティブといわれる犬種だけに、食べ物もおしゃれでクリエイティブなものを好み、奥様曰く最近はご飯にダルゴナコーヒーを混ぜてあげているとか。トリミング1回に7万円かかるというふさふさの毛並みも必見だ。

【クリエイターズ・ファイル公式HP】https://creatorsfile.com/
★『月刊ザテレビジョン』新春特大号(12/16発売・配信)
(C)クリエイターズファイル