『恋のお世話始めました』スーパー3助、まさかのお誘い成功!?意外過ぎるカップル続々誕生

ABEMAが、『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』の#7を12月10日(木)夜9時より「ABEMA」にて配信した。

『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』(以下、略称『恋セワ』)は芸能人による交流会をモニタリングし、恋愛テクニックを学ぶ恋愛学バラエティーだ。出会いを求める芸能人のため、“ガチで恋したい”芸能人だけの合コンをセッティングし、その攻防をMCとして“駆け引き上手”なヒロミと指原莉乃が恋愛視点で解説していく。

MCの指原が今回欠席のため、新婚ホヤホヤの元AKB48・野呂佳代がピンチヒッターに登場。「起きて1時間しか経っていないんですよ」と急いで現場に駆けつけた野呂と一緒に「恋のお世話」をしていく。男性陣はお笑いコンビ・パンサーの菅良太郎、俳優のアンノユウキ、俳優の中村碧十、お笑いコンビ・にゃんこスターのスーパー3助。女性陣は、モデルの佐藤夕璃、女優の香衣、アーティスト/ダンサーのMARIE、グラビアアイドルの青山めぐと、今回も本気で恋をしたい個性豊かな芸能人男女8名が揃った。

合コン開始早々、佐藤の服を「餃子の皮」と比喩したり、過去の恋愛話を振ったりと、元カノで相方のアンゴラ村長の交際報道に焦り、空回りするスーパー3助を、MC陣が早速モニタリングルームに呼び出す。場を乱す発言を連発するスーパー3助に、ヒロミが合コンのアドバイスをしつつも、「あまりにもひどかったら初のレッドカード出すから」と忠告。それに対しスーパー3助が「ありがとうございます!引き続きよろしくお願いします!」と威勢のいい返事に、野呂も「返事だけいい、バカな人」と笑いながらコメント。

その後、2ショットに進むと思いきや、スーパー3助が「作戦会議」とし、男性陣を呼び出し。またもや場を荒らしそうな雰囲気に野呂も「早くみんなで2ショットやってもっと交流したらいいのに。時間無駄じゃん」とダメ出し。しびれを切らしたヒロミはモニタリングルームから飛び出し、男性陣に早く戻るように注意するが、スーパー3助が「あとちょっとだけ…」と懇願し、これにはヒロミも「レッドカード出すぞ!」と一喝する一幕も。

ヒロミの説教に渋々戻った男性陣は、それぞれが気になる相手とペアとなり、ようやく場が盛り上がり始める。ファーストインプレッションでは両想いの菅とMARIEが早速2ショットとなり話が弾むと、野呂も「話が合ってきましたね」とコメント。一方、第一印象にスーパー3助を指名した青山にその真意を聞くため、MC陣が呼び出し。「今、どう思ってます?」と問うと、別の男性と話が盛り上がっていた青山は「すっかり忘れてました」とコメントし、笑いを誘う。

時間が迫る中、スーパー3助と青山に2ショットになるなど、それぞれがLINE交換で距離を縮めていき、ついに合コン終了。最後に男性陣から、次回1対1でのデートを誘う「お誘いチャンス」の時間がやってきた。早速MARIEにアタックした中村が「お誘い成功」すると、MARIEは菅一筋だと思っていたMC陣は予想外の結果に「ノーマークだったわ!」と驚いた様子。その後お誘いLINEをするも失敗が続き、残るは冒頭からMC陣にダメ出しばかりされていたスーパー3助に…。お誘いLINEをした香衣から「町中華行きましょう、ぜひ」とOKの返事をもらうと、意外な結果にヒロミが「それはお断りってことでいいですか?」と突っ込みつつも、「こうやってみると2人合ってるかもな」と、締めくくった。

■『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』 木曜日/『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』概要
▼「ABEMAビデオ」にて限定公開
#7 一触即発!?あの問題児にヒロミがガチ説教!激ヤバ結末を見逃すな!
「ABEMAビデオ」URL:https://abema.tv/video/episode/90-1451_s1_p7
※提供画像 (C)AbemaTV,Inc.