平井理央 エプロン姿で「エイジレスな30秒クッキング」に挑戦

フリーアナウンサーの平井理央が21日、クリナップの新商品発表会に特別ゲストとして出席しエプロン姿を披露した。

9月3日より受注を開始するステンレスキャビネットキッチン「STEDIA(ステディア)」は、スタイリッシュなデザインとキッチンをキレイに保つ技術を備えた新ブランド。見えないところまでステンレス製でサビ、水・ 油汚れ、熱にも強い構造になっている他、取り出しやすいオールスライド収納や、自動洗浄機能が付いた洗エールレンジフード、シンクをキレイに保つ流レールシンクなどがそろう、暮らしの中で輝き続けるキッチンというもの。

毎日家事をする女性にとって便利な機能が満載のシステムキッチンを前にして興奮気味の平井に、MCから普段はどのような料理が多いですかと聞かれ、「お米が好きなので和食が多いです、昔からずーっと好きなんですけど豚汁が好きです」と明かし、味のポイントについては「ダシをしっかりとることと、里芋を必ず入れること、い~味出しくれるんです」と料理についてのこだわりを教えてくれた。

また、食べ方についても気にしているそうで、平井は「早食いをしがちなので、早く食べないよう気を付けている」と平井らしく笑顔でコメントしてくれた。

そして、“美しさの秘訣”となる料理「エイジレスな30秒クッキング」に挑戦することになり、赤のエプロン姿で登場。平井は、張り切って、いちご&アボカドサラダを手際よく作ったが、2分25秒で完成。30秒では作れなかったが、「美味しそうに出来た」と満足していた。

囲み取材では、10月で1歳になる娘の話になり、心境を聞かれ、「離乳食も3回食になり、バランスだったり、季節の物を食べさせてあげたいな」と気を使っているようだ、ただし白米だけだと喜んで食べてもらえず、「白米ラバーの母としては、白米を好きになって欲しいので、食べ方を工夫しているところです」と日頃の子育てについて語り、ごはんの炊き加減の調整などして、喜んで食べてもらえるよう工夫しているようだ。

最後に平井は娘の成長について、「のんびり、すくすく育ってくれれば言うことないです。あと白米好きに育ってくれれば…」と語り、「食の好みが一緒に育つように料理でうまく誘導していく」と母としての優しい言葉で締めくくってくれた。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る